モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
Interia
Antique
junk
Travel
Garden
Our Life
Food
Handmade
flower
information
Links


無相創

1988 CAFE SHOZO

What's HAMU?(sister's blog)

cafe mofgmona

arts&science

THE GROBE

アンティーク&雑貨屋マップ

DEMODE MIX

Boiserie

project ARTS AND CRAFTS

歩粉 hoco

Pola:ra(ぽらら)

HAIRSALON olive

caci-su handmade-OYATSU

sova sova no sova

sova sova

nuimonoya

choko's handmade studio

ゆずりは

レンズ
以前の記事
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
フォロー中のブログ
What's HAMU?
Hand of ar...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:Interia( 46 )
シンプルを極めたい。
b0110935_11295316.jpgわが家の洗面所です。色気無いな~。DIYで棚板を造作してこしらえたものでございます。スチールのアングルをカット、ドリルでビス穴を開けて棚受けを作り、無垢板にステインを塗って乗っけただけのシンプルな棚です。タオルや、洗面道具、洗剤等を収納しています。一番下に引き出し収納を作りたいのだけど、とりあえず間に合ってるので、たぶん作らずにこのままの状態が続く見込み。物は増やさないのが、モットーなので、これで十分かなー。
by sugardrop5 | 2016-10-23 11:36 | Interia
自己主張の強いヤツ。
b0110935_229859.jpg

我が家の2代目振り子時計。
初代は、旦那の花屋に嫁にゆきました。時計が無くて困っていたところ、たまたま古道具屋で見つけて、家にやってきたというわけです。EIKOSHAのものです。50年くらい前のものと聞いてます。しかしながら、時刻は遅れるし、振り子は止まるしで、またもや困っていたところ、市内の老舗時計店で修理してもらえることになり、待つこと1ヶ月。ちゃんと動いてくれるようになりました。しかーし、鐘の音がでかいこと。夜中でも明け方でも、容赦ないです。自己主張強めなのが、古道具のいいところ、なのかな。
初代http://sugardrop5.exblog.jp/17957150/
by sugardrop5 | 2016-05-30 22:51 | Interia
いらっしゃいませ。
b0110935_2365399.jpg

我が家へようこそ。玄関ドアを開けると、まずはこの光景。
古物たちがお出迎えしてくれますよ。
リンゴ箱を下駄箱として、オープンな収納に。
風通しも良くて、いい感じ。仕舞い込むのは、好きじゃないからね。
by sugardrop5 | 2016-05-16 23:07 | Interia
引き継ぐもの。
b0110935_0255321.jpg
寝室の照明を変えました。前に付いていたのも少し古いものでしたが、今度のは、40年は経っているんじゃないかな。実家の建て替えで廃棄されそうになったものを、譲ってもらいました。階段の天井から下がっていたものです。まん丸加減が、いい。非常にシンプルなのも、すてきだし、なにしろ私が生まれ育った家にずっとあったものだから、愛着もあるし、要らぬならぜひ私が、と申し出たと言うわけです。コードがかなり古くなっていたので、交換しました。

まさかここにやってくるとはね。天井を見上げるたびに、幼い頃の記憶が脳裏をめぐります。捨ててしまっていたら、そんな記憶も蘇ることはなかったかもな。
古いものは好きだけど、ただ古いだけで価値がある骨董品には興味は無い。むしろ、そこに付随した歴史とか、思い出とか、そんなささやかなものがたくさん詰まったものにこそ、古いものの価値があるんじゃないかなあ、っておもったり、だからガラクタだって、愛おしく思えたりするのかな。
by sugardrop5 | 2012-07-15 01:06 | Interia
衣替え。
b0110935_1551570.jpg
そろそろ衣替えの季節です。

この白いキャビネットは、私が大学で独り暮らしをする時に買ったもので、よくある木目の合板のものだったのを、ここに越してきたときに色を塗り替えました。
寝室にあるこのキャビネットには、着なくなった厚手のものから、薄手の洋服へと入れ替えます。
冬物はクリーニングやお洗濯できれいにして、クローゼットに仕舞います。この時に、もう着ないなと思ったものは、リサイクルに出してしまいます。
お布団も良く晴れた日にカラカラに干して、収納。代わりにタオルケットや夏用のシーツを出して、寝具も衣替えです。夏用のシーツは、カディコットンと呼ばれる木綿の一枚布。さらっとしていて、肌触りがとても気持ちいいんです。
衣類寝具の入れ替えをしていると、大掃除をした気分で、とても清清しくなります。
同時に季節の移ろいを感じられて、次の季節を迎える準備も楽しくなります。

あっという間に夏が来て、肌寒い空気を感じられるときにまた、同じ気持ちでこのキャビネットの引き出しを開けているのかな。
by sugardrop5 | 2012-05-22 16:15 | Interia
身軽なくらしかた。
b0110935_1592667.jpg
夏が近づいてきました。寝室の壁には洋服や帽子を引っ掛けて「収納」しています。夏なので麦藁帽にノースリーブ。まだ着るには早いですが、一足早く夏気分を味わっています。

近頃は、収納といっても「見せる収納」というのが流行のようで、お気に入りのものをすっきりと、おしゃれに収納しながら、同時にインテリアとしても楽しんでいる方が多いようです。
我が家に至っても、キッチンも扉なしのオープンタイプだし、もともと仕舞い込むのがあまり好きではないので、できれば目が行き届く範囲の最小限のものだけで暮らしたいというのが私の考えでありまして。目に付かないと、物なら使わないし、服なら着なくなる。越してきた当時は今よりも物がありました。実際暮らしてみて、使うもの、使わないものがあるということが分かってきて、ならばいっそのこと使うものだけにしてみたらもっと身軽な暮らしになるのかなっていうことで、ここ1年くらいの間少しずつ減らしてみました。

ものが少なくなると、思考も少し変わってくるように思えます。たくさんのものがあれば、それは便利かもしれません。少ないものでも、工夫ひとつで用が足りてしまうこともあります。昔の人は、少ないものでも、知恵と工夫で暮らしを支えていたんだなって、そう思うと、今の人よりも臨機応変さに長けていたのではないかなと思います。
もしまた大きな地震でも起こって、不自由な生活になったとしたら、、
サバイバルな知識は、経験から。普段から少しだけ不自由さに慣れておくことも必要なのかなとおもいました。
by sugardrop5 | 2012-05-22 15:49 | Interia
白いもの、茶色いもの。
b0110935_1161980.jpg
白い壁、茶色い床、白いテーブル、茶色いソファ、白いルーバー、茶色く錆びついたパウンド型、白いカウンター、茶色いキャビネット、白い陶器のペンダントランプ、そして、坊が座る茶色い椅子。うちのインテリアは、白と茶が多い。いいなって思うものが集まったら、結果的にこの2色に落ち着いてしまったという感じ。私にとって居心地いい空間をつくる基本のルールみたいなものになっているが、逆を言えばあまり色で冒険するのが怖いのかもって思う。色の多色使いはセンスが問われるようで、パリっ子みたいに上手に色遣いが出来たらなって、色への憧れもあったりもする。
唯一うちで色のあるスペースと言えば、部屋の一角に溢れた坊のお気に入りおもちゃスペース、色にまみれております。子供から色は奪えません。
by sugardrop5 | 2012-04-22 01:16 | Interia
新入り。
b0110935_16422360.jpg
フリマで見つけたネコ(たぶん)の編みぐるみ。
「けっこう、年季入ってますよ、かわいいでしょ。」と、店主。

このくたくた感がわたし好み。

白いボディに赤い目が余計に映えるから、その目力に負けて連れて帰ることになりました。頭でっかちで、座らせても頭が重すぎて首がもたげてしまい、しょぼくれた感じがなんとも憎めない可愛いやつです。
by sugardrop5 | 2012-04-11 17:55 | Interia
夜のリビングからキッチンを眺めてみた。
b0110935_0726100.jpg

梅雨が明けましたね。本格的な夏到来です。日差しもかなり強いと言うか、痛いです。午前中の草むしりで、サンダル焼けしました。もう焼いちゃいかんお年頃なのに、無防備すぎです。日中の気温はかなり上がりますが、周りが樹に囲まれているので、朝晩は比較的涼しく過ごせます。というのも、樹木は蒸散作用といって、水を根から吸い上げて葉から水蒸気にして発散させて、周りの熱を奪っているからだとか。植物ってすごいです。こうしているまに、じゃんじゃん水蒸気を吐き出しているんでしょうね。

おうちの中はと言うと、裏山が鬱蒼としているおかげで、幾分室内は暗めですが、今のところは扇風機とたまのエアコンでなんとかしのいでおりますが、これからはエアコンの力を借りる日も多くなるでしょうね。
あまりごちゃごちゃしていると、それだけで暑く感じるようなので、なるべく物を放置しないように、増やさないように心がけようとおもいます。
断捨離というやつですかね。
by sugardrop5 | 2011-07-11 00:24 | Interia
知恵がついてきた。
b0110935_2310215.jpg
坊がよちよち歩き出しました。見事な歩きっぷりです。えらく機嫌がよろしく、あちこち歩き回っております。歩き出したと思ったら、ドアノブに手を掛けて、戸を開けることも覚えたらしい。部屋のドアノブは、ハンドルを引っ掛けて開けるタイプなので、幼い坊にも容易く開けることが出来てしまうのだ。和室に通じるDIYの扉と、このjunk部屋の戸だけは、ノブが回すタイプなので、こちらはとりあえずは安心。ますます目が離せませんが、こうしてだんだんと知恵がついてくる事は、とても喜ばしいことですな。
by sugardrop5 | 2011-05-24 23:31 | Interia