モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
カテゴリ
Interia
Antique
junk
Travel
Garden
Our Life
Food
Handmade
flower
information
Links


無相創

1988 CAFE SHOZO

What's HAMU?(sister's blog)

cafe mofgmona

arts&science

THE GROBE

アンティーク&雑貨屋マップ

DEMODE MIX

Boiserie

project ARTS AND CRAFTS

歩粉 hoco

Pola:ra(ぽらら)

HAIRSALON olive

caci-su handmade-OYATSU

sova sova no sova

sova sova

nuimonoya

choko's handmade studio

ゆずりは

レンズ
以前の記事
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
フォロー中のブログ
What's HAMU?
Hand of ar...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧
布は語るよ。
b0110935_2254766.jpg
久々にのぞいた古道具やさんで見つけた古布。継ぎ接ぎされて、生地もボロボロなのに。
なんて魅力的なんでしょう。なんて素敵なんでしょう。
繋ぎあわされた古布はそれぞれ別々の用途で使われていたものなのかもしれないのに、こうして縫い合わされてひとつになって、ひとつの布になって。
大事に大事に最後まで捨てられることなく、ぼろぼろになってもこんなに愛されて巡り巡ってこうして私の元にやってきた。
このぼろの布切れを見ておもう。
日々たくさんの「もの」に囲まれて暮らしているが、こんな形になるまで「もの」と付き合っているだろうかと。

b0110935_22554420.jpg
当たり前のように、何でも手に入るようになった今でも、手に入れることが困難になることがあるのだと思い知らされたのが、丁度一年前のこと。あれから一年。時の経過とともに、あの悲惨な出来事が風化されて行くのは悲しいこと。
風化されて美しいのは、ものだけにとどめておきたい。

たかが布、されど。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-02-20 23:58 | junk | Trackback | Comments(0)
台所のもの、白いふきん。
b0110935_2245834.jpg
白いふきん。麻や、木綿など、白いものがほとんど。食器拭き、手拭きにするものは、汚れが目立つ白いものがいい。うっかりものの私は、ついうっかり焦がして穴をあけてしまったりもして、それでも気にせず使っています。毎日新しいふきんをおろすときは、清々しい気持ちになります。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-02-20 22:50 | Food | Trackback | Comments(0)
台所のもの、アルミのスプーン。
b0110935_22254257.jpg
ベトナムで買ったアルミスプーン。日本のしっかりしたステンレスのスプーンとは違って、ぺなぺなしてすぐにひん曲がってしまう作りも雑なもの。ですが、このおもちゃみたいなところが好き。食事用としても使ったりしますが、専ら調理道具として使うことの方が多いです。調味料を混ぜたり、きちんと研磨されていないので、ちょっとしたお野菜の皮むきなどにも重宝します。大量に購入してしまったので、使わないまま眠っているスプーンたちは、このままjunkになってしまいそうです。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-02-20 22:37 | Food | Trackback | Comments(0)
台所のもの、急須あれこれ。
b0110935_133364.jpg
山田聡さんの急須。本当に個性的な形の急須です。この独特のフォルムは、日本的ではないちょっと異国の雰囲気を醸していて、存在感溢れる作品です。作者が沖縄の方と聞いて、ふと思い出したのが、沖縄でよく目にする独特の形をしたお墓の曲線がなんとなくこの急須の曲線とかぶって、ああ、沖縄っぽいかもと思ってしまいました。土臭い感じも好きです。

土器みたいな。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-02-18 01:20 | Food | Trackback | Comments(4)
台所のもの、急須あれこれ。
b0110935_0524318.jpg
鉄瓶?中国のものなのか、出所は不明。これも旦那様所有のもの。面白い作りをしていて、中に筒状のものが茶漉しのような形で入っていて、どう使うのかは、未だによくわかりません。

茶漉しではないようです。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-02-18 01:02 | Food | Trackback | Comments(0)
台所のもの、急須あれこれ。
b0110935_0434279.jpg
沖縄在住の金城有美子さんの急須、というかこれは醤油さしといったほうがいいかしら。ころんとした丸い形に、注ぎ口の先がカクッと折れたところがポイント。沖縄を旅する度に金城さんの器をお土産に持って帰るのですが、これもそのひとつ。たぶん沖縄で一番最初に買ったのがこの器だったかもしれません。毎回作風が微妙に違っていて、器選びも旅の楽しみの一つになっています。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-02-18 00:52 | Food | Trackback | Comments(0)
台所のもの、急須あれこれ。
b0110935_0363567.jpg
他にどんな急須があるのというコメントにお答えして、急須あれこれ紹介します。
旦那様が独身時代に使っていたもので、一番の古株がこの急須。茶渋で染み付いた注ぎ口がポイント。ぽってりした形もいい感じです。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-02-18 00:42 | Food | Trackback | Comments(0)
台所のもの、陶器のカップ。
b0110935_17403441.jpg
益子で買った、焼き物の器。本来の益子焼とは雰囲気の全く異なるちょいと無骨な器です。ハンドルも華奢な作りで、ぽっきり折れてしまいそうなくらい。コロンとしたまるで石のようなカップです。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-02-09 17:48 | Food | Trackback | Comments(0)
台所のもの、黒い急須。
b0110935_23425652.jpg
村上躍の黒い急須。毎朝これでお茶を淹れます。
旅先の京都でふらりとのぞいたギャラリーで、たまたま見つけた急須。当時蓋のつまみのないこの形はとても斬新で、一目で気に入ってしまいました。見えないところまで手の込んだ作りは、内側の茶漉し穴の細やかさにも思わず見とれてしまうほど。芸術的なうつくしさを感じる道具です。日々の暮らしにうつくしいものがあることは、とても心を豊かにしてくれます。こういった道具ほど、仕舞っておかず、もったいぶらず、どんどん使いたいものです。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-02-06 00:06 | Food | Trackback | Comments(2)
台所のもの、名入りの洋包丁。
b0110935_2329897.jpg
名入りの洋包丁。私の名前が彫られています。自分の持ち物に名前を書くなんて、小学校以来あまり記憶にないので、少々照れくさいものですが、記念日にと名前を入れてくれたのは、贈り主の旦那様。毎日これで、トントンしています。切れなくなったら砥石で研いで。ペティナイフになるまで使っていきたいな。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-02-05 23:41 | Food | Trackback | Comments(0)