モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
カテゴリ
Interia
Antique
junk
Travel
Garden
Our Life
Food
Handmade
flower
information
Links
<   2008年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧
ガラス写真館。
b0110935_2342615.jpg
b0110935_23475531.jpg
b0110935_23481948.jpg
junkなガラスたち。ゆがみとぽつぽつと所々に入った気泡がアイラシイ。みんな違う顔してるから、ひとつひとつの表情に味があっておもしろい。
とっても、いい顔してるから、「ハイ、ちーず!」今日限りの、小さなガラス写真館。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-09-30 00:06 | junk
過去からの手紙。
b0110935_10182277.jpg
                  old letter France 1941
フランスの古い手紙。捺印は1941年。67年前に 書かれたものである。67年ものあいだ 手紙に込められた思いは封筒の中で折りたたまれたまま 静かに時を過ごしてきたのだろう。
おくられてきた手紙を たまに読み返して見る事がある。その時は すぅっと その時と同じ気持ちに帰るような気がするから まるでタイムスリップしたような そんな感覚に なる。
10年来の手紙のやり取りをしている 友人は 10年間 会うことも無く 手紙だけのやり取りだけで 繋がっている。あるときその人は手紙でこう言っていた。

時空を越えて 未来や過去へ行くのは 実は割りと身近にあると。それは手紙なんだと。

手紙を書いて ポストへ投函し 配達人が 手紙を運び 手紙を受け取る  
その間の時間差。封を開けて 手紙を読む時 そこには過去の時間がある。過去から届く手紙ということだ。なにおかしなことを言っているんだと 思われるかもしれないが そう考えながら 手紙を読むと なんだか じっくりと書き手の思いを受け取ろうと思うようになる。

今や 情報化社会。思いは電波に乗って リアルタイムで届いてしまう時代。
思いを時間差なしで伝え合える 便利なツールもあるが たまには 一枚のタイムマシンに
思いを乗せて伝えるというのも いいんじゃないかな。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-09-27 10:50 | junk
junk cloth
b0110935_102032.jpg
古い生地、数枚。なにか、すてきなものを、作りましょう。同じ物はないから、ひと針ひと針に思いを込めながら。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-09-25 01:05 | junk
junk bowl #2
b0110935_10151968.jpg
琺瑯の洗面ボウル。錆が出て、底に穴が開いています。穴が開いてしまったので、植木鉢の受け皿に使います。さあ、お仕事ですよ。


おしらせ、ひとつ。

来月6日Mon.に滑川町のヒルトップファームにて開催される
garage saleのイベントにわたくしsugarも参加させていただくことになりました。
時間は、10:30~13:30です。
ヒルトップファーム:埼玉県滑川町福田2134

日ごろ作りためていた、ちくちくモノ出します。これまでブログに紹介したjunkたちも
少しばかり、お嫁に出す予定です。
ご都合が合う方は、ドライブがてら足を運んでみて下さいね。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-09-25 00:59 | junk
Numbering stamp
b0110935_0531153.jpg
     "ROBERTS" Automatic Numbering Machine Made in U.S.A
6桁のナンバーのスタンプが可能。木製の取っ手と、少々ゴツめの本体が、これまた男前。インクパッドにインクを充填させれば、ちゃんと使える、働く男である。
奴とは、運命的に出会った。ナンバリングスタンプが欲しい、しかも6桁の。。偶然にも探していたものが、あった。目の前に。箱入りだ。junkは呼ぶのだ。念ずれば、こうして手元にやってくる。不思議なものだ。

      人ばかりでなく、モノにも恋焦がれてみよう、アツい思いが届くかもよ。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-09-23 01:11 | junk
腰掛けた、junk bowl。
b0110935_0363014.jpg
child chairに腰掛けた洗面ぼうる。役目を終え、椅子に座り込んでしばしの休息を。。
junkは眠っていはいない、ひとまず休んでいるだけだ。たまには、仕事を与えて、働いてもらうのもいいだろう。でないと、本当に眠ってしまうから、ね。                  
[PR]
by sugardrop5 | 2008-09-23 00:48 | junk
切り取られた風景。
b0110935_1183463.jpg
セピア色の写真。ひとめ見て すてきだと 思った。崩れ落ちそうな廃墟。アメリカにある とある工場を写したものだそうだ。今日、思いがけなく すてきな プレゼント。
                    「old mill」                 
           そう書かれた封筒の中に セピア色の二枚の写真。
            古い物を愛する写し手の 思いが伝わってくる。
                     
                たいせつな タカラモノを ありがとう

More
[PR]
by sugardrop5 | 2008-09-21 01:44 | junk
マイ・ta-bi。
b0110935_0382813.jpg
マイ足袋作りました。工場にて。裁断とかんたんなミシンがけだけ、自分で。表地は、黒の厚手の木綿、裏地は白い麻布で。全部で5枚の布をはぎ合わせて足袋はできます。つま先部分は、職人の匠の技で素人には、無理な作業。履きゴコチはバツグンです。スリッパ代わりに、ハイカットの靴に、、普段履きにしたら、粋じゃないですかィ。

Hand of artisan
[PR]
by sugardrop5 | 2008-09-19 00:45 | Handmade
Hanging - Watering can
b0110935_23323155.jpg
           雨ざらしの、サビサビジョウロ。フックに引っ掛けてみる

酸化したブリキのジョウロは、ガンコすぎるほどに錆ついて、かなり渋い表情をしている。放っておけば、いずれは風化が進み、もとの形を残すことなく錆の塊となって土へと帰ってゆくのだろう。その一歩手前で、救い出されたjunkなブリキジョウロ。こんな朽ちゆくものでも、まだまだ存在する価値はある。それを見出すのは人間。もう少しだけ長く、モノと付き合って行こうじゃないか。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-09-19 00:24 | junk
貫禄ある、道具。
b0110935_0105375.jpg
工業用ミシン。足袋製造用の、特殊な機械。熟練工にしか触れることができないその機械は、職人と一体となって独特のリズムで動き続ける。黒びかりした金属の重厚感と、回転するモーターの軽快な動き。作業場にどっしりと構えたそのすがたは、貫禄ある職人達の姿と重なる。そこにある様々な道具たちはみな、そんな姿をしている。
昨日に続き、町工場の風景を少しばかりご紹介。

魅力ある道具
[PR]
by sugardrop5 | 2008-09-16 00:45 | Antique