モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ:Handmade( 60 )
お風呂の友。
b0110935_15582715.jpg
簡単入浴剤を作りました。材料は重曹と塩とアロマオイルです。爽やかなグレープフルーツの香りのバスソルト。作って2,3日置いて馴染ませます。蓋を開けるといい香りです。なかなかゆっくりお風呂につかることが出来ませんが、ゆっくりつかれる日は、これでリフレッシュしたいとおもいます。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-07-03 17:00 | Handmade | Trackback | Comments(0)
普段着るもの。
b0110935_23544695.jpg
もう何年も前にタイに行った時に買った麻のスカート。以前は結構な頻度で履いていましたが、子が出来てからは、ぜんぜん履かなくなりました。足裁きが悪いパターンなので、動きの激しさには不向きなこちらのスカートは、箪笥の肥やし同然に、引き出しに眠ったままでした。だいぶ洋服を処分しましがが、これはどうしても手放したくなくて、いつかまた履いてやろうと思っている一着であります。楽しい旅の思い出も詰まった一着ですから、そう簡単には捨てられません。結構ヘビーローテーションで履いていたため、スリットが裂けてしまい、繕った跡もあります。着古した感じもたまらなくいいので、もう履いてしまおうかなと思ったりもしましたが、きっとまた脇のスリットが激しく裂ける気がするので、そっと引き出しに戻すことにしました。しばらくはパンツスタイルメインの普段着です。

More
[PR]
by sugardrop5 | 2012-05-30 00:07 | Handmade | Trackback | Comments(0)
くたばっく。
b0110935_15105236.jpg
最近のミシン稼動率0です。なかなか思い切って縫い物できないのがちょっとストレス。ちょっと前に作ったバッグは、とても地味な麻のバッグ。クタクタっとしてるから、「くたばっぐ。」
定番でした、雑巾バッグに似てますが、マチのグルグルはありません。最初からクタっていますが、ガンガン使って、くたばるまで使って欲しい、そんなくたばっぐです。ステッチ青、赤の2カラー。中生地は渋めのブルーで、ポッケ付き。
量産は出来ませんが、地味に作っていこうとおもいます。

RED 
[PR]
by sugardrop5 | 2012-05-15 15:20 | Handmade | Trackback | Comments(0)
麻パン。
b0110935_1131273.jpg
去年の夏に涼しく履きたくて作った、麻のパンツ。紺色の麻生地があったので、手持ちのパンツからざっくり型起こしして、ざっくり縫ってみましたが、ウエストサイズがどすこい太目になってしまい、フックをむりやり詰めて付けてなんとか履ける感じ。シャリシャリしてて、涼しい履き心地です。これに素足がいちばん。夏は麻パンにノースリーブ&素足で暑さを乗り切るのだー。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-05-01 01:13 | Handmade | Trackback | Comments(0)
捨てるところ、無し。
b0110935_1758072.jpg
テーブルが、少し高いなと思っていたので、脚を短くしました。端材の木は、ペンキのムラと剥げ具合がいい感じだったので、捨てるには惜しいと、積み木のオブジェにしてみました。数字のスタンプを各面にぺたんと押して。
脚の短くなったテーブルは、座った時のひじの置き具合がいいあんばいになって、満足♪
捨てることも時には必要だけど、工夫してなるべく捨てずに済むなら、それがいちばんかなぁ。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-04-11 18:17 | Handmade | Trackback | Comments(0)
バッグのお医者さん。
b0110935_203025.jpg
手製の雑巾バッグが、戻ってきました。持ち手部分が傷んでしまったので、お直しをお願いしますとの依頼を受けて、新しいものと交換しました。たくさん雑巾バッグを作りましたが、こうしてお直しの依頼を受けたのは今回初めて。当初から、作ったものとして、出来る限りアフターケアをしていきたいなと思って、修繕依頼を受ける形で販売していましたが、こうして、実際にお直しに出してくれるお客様がいらっしゃるということに、作り手として、とても嬉しく、またありがたいなと思いました。少し手をかけて、直すことで、ものの寿命は延びるんです。
物の命をたいせつに。バッグに限らず、どんなものでも。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-03-25 02:29 | Handmade | Trackback | Comments(0)
リベンジだぜ。
b0110935_2318384.jpg
フェルトのボールで作ってみました。友人から譲っていただいたカモメの羽に垂らしてみたら、あらいい感じ。丸いものには目が無い坊は、大喜び。
b0110935_23192841.jpg
しかしながら、飽きっぽい性格は親譲りか、すぐに飽きられちゃった。ははは。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-11-12 23:24 | Handmade | Trackback | Comments(0)
節電の夏。
b0110935_075588.jpg

電気要らずの、掃除器、てづくりハタキ作りました。水玉模様が涼しげです。




毎日たいへん暑い日が続きます。みなさまいかがお過ごしでしょうか。昨年の夏はとろける様な暑さ続きでしたから、今年は涼しい夏になってくれたらなあなんて、そんな思いも空しく、本格的な夏の到来を待たずに、この暑さときたら。6月の時点で、早くも真夏並みの暑さでしょ。こんな暑さだから健康管理に気を配ることが大事、でも節電することも大事。賢く電気使わなきゃ、今年の夏は乗り切れません。なんとか停電することなくこの夏を過ごせるよう、企業も家庭でもみんながんばってやっているようですね。うちも、扇風機とたまのエアコンで暑さをしのいでおります。
決して無理せず、この夏を乗り切りましょう。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-07-06 01:14 | Handmade | Trackback | Comments(2)
gyu。
b0110935_13205779.jpg
その名は、タッジー・マッジー。桜井慶子さんの石鹸です。シアバターやハーブなど自然の素材を惜しげもなく詰め込んだスペシャルな石鹸。作り手の思いも、ぎゅうっとこの中に閉じ込められています。泡立てるたびに、やさしい気持ちになる石鹸です。

元気のない朝に、思いっきりこれで顔をじゃぶじゃぶ洗ってみて。
くたくたに疲れた日の夜、体中泡ぶくにして、疲れを一気に洗い流してみて。

そしたらさ 

元気が

ね、

もとどおり。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-04-23 13:38 | Handmade | Trackback | Comments(0)
ご報告。
b0110935_22381677.jpg
先日のバザーにて雑貨の販売をいたしました結果、皆さまの温かいご支援の甲斐あって、29,730円の売り上げとなりました。この売り上げは、今回の大震災での被災者支援に充てるベく、支援金として募金させていただきました。遅ればせながらご報告させていただきます。当初は漠然と「義援金」として募金しようかと考えておりましたが、折角みなさまからお預かりした大切なお金ですから、有効に使ってもらえるところにしなければと思い、いろいろ調べてみました。調べてみて、なんと。募金に関して、自分はなんにも解っちゃいなかったと、正直恥ずかしくなりました。

単に募金といっても、様々なものがあるのです。「義援金」、「寄付金」、そして「支援金」。
ざっくり説明すると、被災者に直接届くお金が「義援金」であり、「寄付金」は、被災した都道府県、市町村において災害復旧及び地域復興のために使うお金、「支援金」は、被災地でNPOなどのボランティアが活動支援のために使うお金、だそう。願わくば、被災者の方に直接手渡しで届けたいところ。義援金はたくさん集まっているのに、なかなか被災者には届かないのが現状。ううん、なんともじれったい。被害状況が把握しきれていないのと、分配にあたる人手が足りないらしい。公平さは無視できないというのもわかるけど、ううん。。一カ月経った今も、なかなか復旧の目途も立たないどころか、依然として震災後の状況から脱していないような気がします。

いろいろ考えた末、現地での救援活動の長期化が見込まれることを考えて、現地で頑張っているボランティアの援助なしに、次の段階には進めまいということで、「支援金」として募金することにいたしました。ちなみに、「civic force」という公益の団体に募金しました。聞きなれない方が大多数かと思います。ここは国内外問わず、災害時において非常に迅速にかつ的確に救援活動に取り組むボランティアのエキスパート集団だそうです。できれば現地に赴いて、支援したい、けれど私はボランティアのプロではないので、ならばこの手元のお金でプロの方々に頑張ってもらいたい、そんな思いも込めて、収めてまいりました。考え方は様々ですが、どんな使われ方であれ、一日でも早く、被災地の復興と、被災者の方々が元気になってもらえることが一番大切ですから。
長期戦覚悟で、また次回、それ以降も、出来ることを続けていきたいとおもいます。

長くなりましたが、最後に今回のバザーに足を運んで下さったみなさまに、また、お釣りを募金にと
置いて行かれた心優しい方に、ほんとうにほんとうに心から感謝いたします!

ありがとうございます。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-04-13 22:34 | Handmade | Trackback | Comments(4)