モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Interia
Antique
junk
Travel
Garden
Our Life
Food
Handmade
flower
information
Links
カテゴリ:Our Life( 136 )
たかが石、されど石。
b0110935_047164.jpg
坊を連れて公園に。そこでこんな丸い石っころを拾いました。ごつごつの石やボコボコしたもの、小さいの大きいのいろいろありましたが、坊が気に入ったこの石を持って帰ることにしました。角が取れて、すべすべのまあるい石。小さな子供でも、心地いいものが分かるんだな。おうちに帰って、ゴシゴシ洗ってきれいになった石は、ペーパーウエイト兼、坊のおもちゃになったとさ。

石のように。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-05-02 06:42 | Our Life | Trackback | Comments(2)
おめでとう。
b0110935_23425553.jpg
つい先日、坊が一歳の誕生日を迎えました。一年前、雪が舞うほどの肌寒い日に産声を上げた小さな坊は、2本の足でしっかりと立ちあがるまでに大きく成長しました。1年後の誕生日は、桜の花びらの舞う、暖かな春の陽気に包まれました。その日は、妹家族も集って、一緒にお祝いをしました。春風が気持ちよかったので、お外でランチ。穏やかな春のひととき。

こんな時だからこそ、楽しい時間を過ごしたい。何もかも自粛して、幸せを削ってしまうのは、寂しいから。こんな時だからこそ、幸せをいっぱい噛みしめておかなきゃ。楽しいことばかりじゃない人生だから、だからその1分1秒を大切にしたい。
楽しい思い出を残してあげたいもの、ね。

おめでとう。

そして、この日は友人の命日。偶然にも、同じ日になったのは、きっとずうっと忘れないでねって言うことなのかなって。一日遅くなっちゃったけど、墓前で手を合わせながらいろんなこと、伝えました。

メッセージ
[PR]
by sugardrop5 | 2011-04-18 21:38 | Our Life | Trackback | Comments(0)
助けられて。
b0110935_2359020.jpg
ここひと月で、平穏な日常は一変して、不安な空気だけが日常を支配してしまいました。目に見えない敵が行く手を阻んでいて、身動きが取れないような、そんな状況がずっと続いています。精神的疲労は、被災していない私にも重く圧し掛かっているように感じます。被災された方を思うと、どんなに過酷な現実だろうかと、胸がぎゅうっと押しつぶされそうになります。

そんな中、やさしい気持ちに癒されることが、幾つかありました。
大地震が起きたのを知り、家族を心配して電話や手紙をくれたイギリスのマダム、ダイアナ。
彼女は、旦那はんが若かりし日にステイ先でお世話になった方で、20年来の付き合いになります。
そして、放射能による水の汚染の問題で、息子の事を心配してお水を送って下さったOさん、Mさんをはじめスタッフの皆様。日々不安と背中合わせで育児をする身にとっては、小さな息子のことを気にかけて下さるお気持ちが、本当にありがたく、とても励みになりました。

助けられて、こんなにも元気になれるのだから。
助けることで、元気になってもらえたら。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-04-16 07:15 | Our Life | Trackback | Comments(0)
繋がる縁。
b0110935_22352278.jpg
またひとつ、ご縁の糸が繋がりました。ご近所同志、これからもどうぞよろしくね。
春のブーケ、ありがとう。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-04-08 22:38 | Our Life | Trackback | Comments(0)
愛と勇気。
b0110935_0122394.jpg
停電した夜、ラジオから流れてきた歌。

こんなに深い歌詞だったのかと

この今の状況に重ねて
悲しみや、苦しみや、夢や希望
いろいろな思いも重なって
言葉の魂が静まりかえった部屋の中を
ゆらゆらと

私のこころの奥の深いところまで
入り込んできた



なにが君の しあわせ 
なにをして よろこぶ
わからないまま おわる 
そんなのは いやだ!
忘れないで 夢を
こぼさないで 涙
だから 君は とぶんだ
どこまでも
そうだ おそれないで
みんなのために
愛と 勇気だけが ともだちさ


昨日から自治体の救援物資受け入れが
始まりました。
できる限りのことをしたくて
足を運んできました。
そこには、

たくさんの愛と勇気に
あふれていました。

現地で復旧活動をされている方
原発で命がけで作業をされている方
そして、すべての日本国民が
愛と勇気でもって
被災地の復興を願っています。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-03-20 00:25 | Our Life | Trackback | Comments(2)
どうか、、
穏やかなはずだった日常が、いつものありふれた日常が、、

起きて欲しくないことが、起きてしまった。

東日本大震災。激しい地震とともに、大津波とともに
たくさんのいのちが失われてしまった。
逃げ延びて助かったいのちも、寒さと飢えという過酷な現実のなかで
必死に耐えている。
何かしたい、出来ない自分がもどかしく、
こうして「ふつう」の暮らしが出来ることが
申し訳なくさえ思う。

計画停電の実施で、大きな混乱が起きている。
やむをえないことだと思う。
街に買い物に出ると、ガソリンを求める車の列が、
スーパーでは食料を買占める客の行列が、
いつもとは明らかに違う「ふつう」でない日常に
とても違和感を覚えた。
目の色を変えて、買い漁る人の群れ。

被災地では、必要最小限の物資さえ得られないのに。

不要不急な非常用物資を我れ先に手に入れて、
本当に非常事態に備えたことになるのだろうか?

被災地では、極限の非常事態にもかかわらず、
みな必死に耐えているというのに。
いつ開くともわからないコンビニエンスストアに
殺気立つこともなく、じっと列を作って待つ被災者の
姿を見て涙が出た。

いま何が出来るか。
冷静に行動する、パニックにならないこと。
情報に踊らされないこと。
計画停電、それもやむをえない。
強制ではなく、自主的に。
節電、電気だけでなく水道もガスも
多少寒いけど、もっと寒い思いをしている人が
たくさんいることを思ったら、
我慢を我慢と思わない。
不自由と思うのなら、それは
いままでが便利すぎたのだと
戒めの心を持って

これからの「暮らし」を考えていけたらと
思う。

いつ起こるとも限らない
非常事態に備えて。
ふだんから出来ることを
考えてみたい。


ひとりでも多くのいのちがたすかりますように。
ひとりでも多くの笑顔が戻りますように。
そして犠牲になった方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-03-15 15:35 | Our Life | Trackback | Comments(0)
いきぬき。
b0110935_17191635.jpg
暑かったり、寒かったりと、寒暖の差が激しすぎて、からだがついてゆけません。それに加えて、慢性的な運動不足も祟って、うっかり風を引いてしまいました。明らかに免疫力が低下してきている、今日この頃。みなさん、くれぐれも体調崩さないよう、お気を付け下さいね。

それはそうと、風邪なんか引いていられないんです。子の世話に休みなどない、それに再来月に迫ったイベントの準備も進めないといけなーい。イベント?聞いてないよってね。言ってなかったもんね。近日告知いたします。縫い縫いもの、作ってる最中です。古いものも少し出す予定です。
なかなか思うようには進みませんが、、。

そんなときは、息抜きしてあたまリセットしなくっちゃ。外でお茶。もちろんお共に坊も一緒ですがね。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-02-28 17:33 | Our Life | Trackback | Comments(2)
春支度。
b0110935_15594796.jpg
薄手のカットソー。フリフリがついてて、春に着たい一枚。春が待ち遠しいな。

More
[PR]
by sugardrop5 | 2011-01-31 14:56 | Our Life | Trackback | Comments(0)
色褪せないもの。
b0110935_23382291.jpg
年明け、正月は実家に帰ってしばらくゆっくり過ごしておりました。正月くらいはのんびり。でも街は元旦から忙しくいつも以上の賑わい。子供連れでお正月から買い物かぁ。昔は元旦の街は車通りも少なく、静かだったっけ。子供の時分と違って、正月の過ごし方も変わったものだなあ。
実家では姉妹家族が集って、それはそれは賑やかな新年の宴となりまして。
いいもんですな、家族が集うってのは。

古いカセットテープは、35年前のわたくしの肉声が収められておりまして、父が大事に取っておいてくれたもの。むかあし一度聴いたことがあったような、なかったような。今回何十年かぶりに聴いてみた。BGMに鈴虫の声が聞こえることから、おそらく1歳頃の夏の夜と思われる。後ろで流れるテレビはドラマか何かかしら。がちゃがちゃと食器のぶつかる音、食事時に録音されたものらしい。このとき、ちっちゃかった私は、お行儀悪くご飯をそこいらじゅうに食べ散らかしていたのだとか。カセットテープだから、もちろん音声のみなわけで、いろいろと想像できて、面白い。しかし、30年以上も経っているのに、テープはへたっておらずにきちんと再生出来るなんて。それだけ大切に仕舞っておいてくれていたんだなって、何だか嬉しくなってしまった。

子の成長を頼もしく思いながら、その時その時の瞬間を記録しておくこと。忘れないよおに、大事にしたいものだなあ。

More
[PR]
by sugardrop5 | 2011-01-13 00:25 | Our Life | Trackback | Comments(1)
はるがきた。
b0110935_019550.jpg
今年は作るの諦めていたおせち、すべて手作りというわけじゃないけどこさえました。手抜きだけど、スカスカじゃないよ。正月には、もちとおせち。みなさま、今年もどうぞよろしくおねがいいたします。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-01-08 00:25 | Our Life | Trackback | Comments(0)