モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ:Our Life( 136 )
小枝と葉っぱと、ガラスと紙切れと。
b0110935_22553217.jpg
お天気続きで、お部屋の掃除も、洗濯も気持ちよくって。おひさまを浴びると心も晴れやかになる。でも。
正直不安なのは、
目に見えないコワイもの。少なからず、ここにも降ってきたのだろうなあって思ったりもする。樹や草や土や葉っぱにだって。小さなからだにどんだけのいたずらをするのか。誰もわからない。わからないって、こわい。
でも、あまり神経質になってしまうのも、からだにいいものじゃない。
こころにも。
最近の調査で、小さな子供を持つおかあさんたちの7割が、子供を煩わしいと感じているという。子供を守るのが親のつとめだけど、守りきれるだろうかっていう不安がストレスになっちゃうんだろうな。
それじゃ、いかんよね。

だから、天気のいいこんな日は、小枝を拾って、葉っぱを突き刺して、幼き我が子に差し出して。
こんな棒っきれでも、大喜びなんだよね。見るもの聞くもの触れるもの全てが新鮮で。
きらきらした瞳を曇らせてしまっては
いかんよね。

これからなんだから。

More
[PR]
by sugardrop5 | 2011-09-13 00:06 | Our Life | Trackback | Comments(2)
図書館にて。
b0110935_2395031.jpg
坊を連れて、図書館へ。児童書から専門書までいろんなジャンルの本に出合える場所で、私は本を物色、坊はかくれんぼ。今日は、いつものように坊に読み聞かせの絵本と、私用に詩集、それと私用の絵本を借りてきた。坊のはいろんな車の絵本と、トーマスの。私のは、茨木のり子さんの詩集と「岸辺のふたり 原題:Father and Daughter」他二冊。
茨木のり子さんの詩は、弛んだ気持ちがシャンとします。岸辺のふたりは、絵本もいいけど、やっぱり映像の方がいい。フィルムは本当にすばらしいです。育児でちと疲れたかなという時は、時々活字の力を借りて、気分転換もいいもの。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-08-26 23:46 | Our Life | Trackback | Comments(0)
真夏の、くらげ。
b0110935_22294391.jpg
今日は、ふにゃふにゃでした、私。くらげみたいでした。
暑さのせいでしょうか。

何年か前にもおんなじようなことがあって、やっぱりくらげみたいにふにゃふにゃでしたっけ。

ここんところ寝ても疲れが取れず、めまいとだるさが増して、とうとう親知らずまでうずいて、おまけに左手、腱鞘炎っぽいし。どうしちゃったのかしらー。
ただの夏ばてならいいんだけどー。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-07-14 23:10 | Our Life | Trackback | Comments(2)
棕櫚の箒。
b0110935_23491565.jpg
毎日の掃除は欠かせませんが、ちいちゃい子がいると、豪快に掃除機をかけるのも躊躇してしまします。排気口から埃も舞うし、音もうるさいし。昼寝している隙になんて、とてもとても。そこで登場、棕櫚箒。床も畳もこれ一本ですっきりお掃除。しかもあまり埃もたちません。その上、床なら掃くことでつやもでるなんてうれしい効果も。静かにお掃除できちゃいます。床をほうきで?なんて。いいえ、これが意外にきれいになるなる。家の床板はラフな加工が施されているので、ぼこぼこした隙間に埃が溜まりやすいのですが、そんな隙間の埃もしっかりかき出す優れもの。
この棕櫚ほうき、ホームセンターでも見かけますが、日本の職人さんが手作業で作ったものは、つくりがしっかりしています。和歌山の職人さんが作ったものを購入しました。電気を使わず、節電にもなって、お部屋もすっきり、一石二鳥ですな。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-07-11 00:05 | Our Life | Trackback | Comments(0)
setsu
b0110935_23234947.jpg
内側に"setsu"と描かれた手のひらサイズの小さな器。世界にひとつだけの坊だけのちいさなちいさなうつわ。山本さんが作ってくれました。なんて素敵なんでしょう。優しい口当たりと、器がかち合ったときのカツんという温かみのある音が陶器ならでは。直接口にする食べ物も大事だけど、それを彩る器の存在も、おいしくいただくための大事な役割。多少乱暴に扱ってしまうかもしれないけど、もし割れてしまっても、「器は欠けるんだ」ということを理解してくれたら、それでいいかなとも思う。

いただきます

ごちそうさま

ありがとう。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-07-10 23:47 | Our Life | Trackback | Comments(0)
蟲いちひき。
b0110935_2347382.jpg
長翅目:シリアゲムシ科 ヤマトシリアゲ♂
尾っぽがくるりと丸まっているのは、オスの特徴。この時期に見られるのは黒い体色のもの。晩夏には赤味を帯びた体色の個体が現れる。日本に広く分布。

夏の夜は、森からの迷える虫たちが夜の灯火に誘われて、おうちに入り込んでしまうらしく、、。
今夜も迷い虫が。虫のことは詳しいほうではないけれど、学生の時分に昆虫学を少しばかり学んだことがあり、ああ、この虫は翅が二枚だから双翅目の類だな(実際は4枚あるんですが2枚は退化して目立たないだけ、退化しても役割はあって、これがないとちゃんと飛べないんですって)、なんて遠い昔に学んだ知識を掘り起こしてみたりして、昆虫観察なんぞこの年になってするとは思わなかったなぁ。

坊が歩けるようになって、庭に散歩に出掛けると、いろんな虫がいるもんで、これはだんごむし、これはてんとうむし、これはアリ、、っていうふうに虫観察を楽しむこともある。
アシナガバチやクマンバチもたまに出没するので、その時は抱えて退散しますが。。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-06-24 00:16 | Our Life | Trackback | Comments(0)
庭を歩きながら。
b0110935_22373061.jpg
敷地内にどんと建っている電柱に記されたナンバー。なんの番号だかわからんが、意味不明な数字の羅列は好き。


緑の庭を歩いていたら、ブラックベリーとブルーベリーが植わっている下に、赤黒い実がぽちぽちと。あれ?ブラックベリーにしちゃあ時期が早いし、実がやたらでかいし。桑の実っぽい感じ。
と、上を見上げると、大きな木の枝が垂れ下がっている先に、同じ赤黒い実が生っているではないかい。桑にしちゃ、大きいし、葉の形状が違うような。私が知っている桑とは、姿形が違いすぎる。

気になる木。

って調べてみたら、「ヤマグワ」って桑科の植物でした。
何年も住んでいて、この木の存在に今まで気づきませんでした。
ヤマグワの実って、「マルベリー」とも言われて、食用にジャムなどにして
食べると美味らしいです。

しかしながら、ヤマグワの木の根っこはよそ様の敷地にありまして
枝のみがこちらに進出してきているわけでして。

マルベリージャムは諦めて、夏に実るブラックべりージャムに期待!


お知らせあります。
親しくさせていただいている美容師さんのお店「Olive」さんにて
Old Nestのバッグ数点お取扱いございます。
これまでもコサージュ等小物を置いていただいておりましたが、
久しぶりの納品でございます。
手作りのお菓子なども販売していて、
ほっと一息寛げるそんな空間が魅力のお店です。
カットのついでに、もちろんふらりと立ち寄るだけでもよし、
気さくなオーナーさんと、スタッフが笑顔で迎えてくれます。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-06-05 23:04 | Our Life | Trackback | Comments(2)
お近づき。
b0110935_22234825.jpg
今朝のできごと。
インターホンが鳴ってドアを開けると、ご近所さんが、おいしそうなシフォンケーキを持って立っていました。「シフォンケーキを焼いたので、どうぞ。」見るからにふわふわでおいしそうなシフォンが目の前に現れたのです。

ここに越して6年目になりますが、それまではご近所さんとは、地域のゴミ清掃くらいでしか、あまりお付き合いはありませんでした。子供が出来てからでしょうか、こうしてご近所付き合いさせてもらえるようになって、ようやくここの土地で生活しているんだと実感できるようになったような気がします。人との繋がりを持たない暮らしは、ある意味楽なのかもしれませんが、なんとなく味気ない気がします。生活や暮らしを豊かにするのは、やっぱり人なんだなって思いました。
坊と近所を散歩するときは、すれ違うご近所さんに、こちらから声をかけるようにしています。ひとりの時より、子供が一緒の方が気軽に話もしやすいものです。
そうやって、少しずつこの土地に馴染んでゆければよいかなと。

「ありがたいなぁ。」と思いながら、おすそ分けのふんわりおいしいおやつ、いただきました。

おいしかったなぁ。ご馳走さまです。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-05-15 22:19 | Our Life | Trackback | Comments(1)
雨の日の過ごしかた。
b0110935_2211238.jpg
ここしばらく雨の日が続く模様。五月雨と書いて、さみだれ。日本語の響きって、なんとも美しいものである。そんな美しい日本語が綴られた本を、こんな雨の日に「しとしと」と読み耽るのもいいものだ。
ずいぶん昔に読んだ文庫本が、カバーも外され、色褪せ、シミも付いて、いい感じに古本に育っているようす。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-05-11 22:21 | Our Life | Trackback | Comments(2)
これだけは、ほんとに。
b0110935_1143910.jpg
だめなものがある。食べ物でも、動物でも、人間でも、好き嫌いが無いほうだと思うのだが、これだけはホント、ムリというものがある。

ムカデ。

今年も初物がお目見えしました。ああ、おそろしい。いつも謎なのが、彼らはどこから侵入してくるのだろうか。窓全開に大解放しているわけでもなく、隙間など見当たらないのに。知っている方がおりましたら、ぜひともお知らせいただきたい。
また今年も、熱き戦いが繰り広げられるのだろう。

追記。
今朝方、裏山の枯葉を箒で払いました。下の方が腐食されて、土と化しておりました。いい肥料になりそうです。木酢を撒くとよいと聞いたので、噴霧器で撒いてみようかと。
ムカデにも出くわして、やな汗もかきつつ、朝の一仕事でひと汗かいて、スッキリ。
水が美味いです。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-05-02 06:59 | Our Life | Trackback | Comments(2)