モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:Our Life( 136 )
おふろのおとも。
b0110935_11423271.jpg子供がいるので、ゆっくりお風呂タイムを満喫出来てない今日この頃です。お風呂グッズをご紹介。ボディーブラシ。豚毛でゴシゴシ、柄が長いブラシで、背中も楽に洗えます。フェイスブラシ。小さい手のひらサイズの馬毛ブラシは、顔用に買ったんですが、肌がかぶれてから怖くて使ってません。デコルテ用に使ったりしてます。洗濯板。子供が靴下を真っ黒にして帰ってくるもんですから、洗濯機に投入する前に予洗い用に、体洗うついでにゴシゴシ洗ってます。体洗うついでに靴下洗いって。。使ったら、窓際に吊るして干しておきます。ちなみにフェイスブラシは、かなやブラシのものです。メードインジャペーンで、確かな品質、おススメです。
[PR]
by sugardrop5 | 2016-10-23 21:40 | Our Life | Trackback | Comments(0)
せっけん生活。
b0110935_1155458.jpgわが家では、合成洗剤はほぼほぼ使いません。洗濯には、炭酸塩か、セスキソーダ、もしくは液体せっけん、仕上げのリンス用にクエン酸、臭いが気になる時は、フィトンαっていう仕上げ剤(植物由来の原料で、抗菌作用があるとか、生協で扱っています)を、黄ばみやシミには、酸素系漂白剤を使います。洗髪にも、石鹸シャンプーと、コンディショナー(クエン酸成分配合)を、洗顔は、20年来愛用の、アルソアの石鹸で、ヘアケア、スキンケアをしております。勿論、食器洗いも、石鹸洗剤を使用。手あかなどの油汚れには、重曹を、水垢にはクエン酸を使って、トイレ、お風呂、台所と家中の至る所、これで掃除出来ちゃう優れもんです。汚れのタイプは、アルカリ汚れか、酸性汚れしかないのに、どうして「トイレ用」とか、「お風呂用」とか「台所用」とかって、わざわざ種類豊富に市販されているんだろうと、疑問に思うのですが、うちでは、「石鹸、重曹、クエン酸」で、環境にも、体にも優しいシンプル洗剤生活を実践しています。
なにより、市販のパッケージングが、私には心地悪く感じてしまい、使う気にはなれません。いろんな種類の洗剤で、生活空間を占拠されたくないし、数種類の洗剤で済むならば、すっきり場所を取らずに済みますしね。
シンプルはいいもんです。
[PR]
by sugardrop5 | 2016-10-23 10:51 | Our Life | Trackback | Comments(0)
歯は命。
b0110935_9515074.jpg口腔ケアは、少々こだわりあります。歯ブラシは、以前シ〇テマを愛用していましたが、歯科医で薦められた「マルケンハブラシ」を使ったら、使い心地がよく、なおかつ歯の隙間の汚れをしっかり掻き出してくれる優れもの。もう他のハブラシは使えません。その他、舌の苔を落とすブラシや、歯間ブラシ、デンタルフロス、狭い歯の隙間掃除用の小さめヘッドのハブラシ等々、使い分けてケアしています。最後の仕上げは、「ウォーターピック」なるマシンを使って、歯間のしつこい汚れをジェット噴射で落とし切って終了。口臭や歯周病予防には、マウスウォッシュもたまに使ったりします。なぜこれだけこだわるか。
既に、1本歯を失っておりまして、もうこれ以上歯を失くすのはごめんだわ、ならば予防歯科で日ごろのケアを徹底するしかない、という考えに至りまして、手間でもせっせとケアに勤しんでおります。
失くした歯は、インプラント治療で見た目的には、復元されておりますが、ケアをしっかり行わないと炎症を起こしたり、歯周病になったりするとかで、また歯を失うことにもなりかねないというので、そこは面倒でもお手入れは怠れません。
厄介なことに、私、くいしばりの癖があるようで、寝るときは、マウスピースを装着して眠ります。ちょっと違和感あって、あまり付けて寝たくないんですが、そうしないと、歯の根元がぐらついて、最悪抜けることもあるとか。
最近では、歯の健康イコール身体の健康、歯が健康な人は、ボケにくいし、いろんな病気になりにくいとか言われているくらい。まさに歯は命。今思えば、しっかりケアしておけば、こんなことにならずに済んだのに、、
後悔先に立たずですわ。
[PR]
by sugardrop5 | 2016-10-23 10:22 | Our Life | Trackback | Comments(2)
肌あれた。
b0110935_23251949.jpg

8月下旬頃から、目の周りがやけにカサついて、皺っぽさが気になってはいたけど、9月に入って、様子がおかしくなってきた。目の周りだけ、ピリピリ、赤く腫れてしまった。こんなことは、初めてだ。
40代ともなると、肌も環境の変化に対応できなくなってしまうのか、、。かなりショック。
顔を洗うと、ヒリヒリ。化粧水をつけると、さらにピリピリ。最悪のコンディション。化粧なんて恐ろしくて出来そうもない状態。
結局、上のアイテムで、どうにか落ち着いております。
アベンヌのミストウォーター、マルラオイル、シメは、保湿の最強アイテム、ワセリンであります。
ジャータイプのものより、チューブタイプの方が、伸びが良くて、使いやすいです。
日中は、刺激の少ない日焼け止めローションを塗り、シルク配合のパウダーのみ。ほぼ、スっピンですよ。
アラフォーで、スっピンなんて。よそ様の目に触れるのは、かなり抵抗あったのに、職場の同僚には、
「あんまり、変わらないですよー」って。リップサービスなのか、それとも、これまでの私のメイクの仕方に問題があったのか。。
ぼやけた顔してますが、肌がちゃんと呼吸してるという感じで、気持ちがいいもんです。
でも、早いとこ、治ってほしい。っつーか、皮膚科に行け!
皆さまも、季節の変わり目の肌トラブルに、お気をつけあそばし。
では、ごきげんよう。
[PR]
by sugardrop5 | 2016-09-23 23:40 | Our Life | Trackback | Comments(0)
花処。
b0110935_21351937.jpg


ペイントされた壁の白と、棚のこげ茶色のコントラスト、
花器に使われている金属や陶器の質感、
そして、暗めの照明。
こんな空間に佇む植物たちは、とても凛としてうつくしい。
そして、こんな空間に置かれた彼らが、とてもうらやましくも思う。

こんなことを思うのは、わたしだけでしょうか。


花処 花十 1‐8hoshikawa,kumagaya,saitama
[PR]
by sugardrop5 | 2016-05-30 22:06 | Our Life | Trackback | Comments(0)
Medi Sac。
b0110935_15405544.jpg
袋だらけ。中身は何でしょ?薬箱ならぬ、薬袋です。絆創膏やら、塗り薬、消毒薬などを、袋の中にぽいっと入れて、引っかけています。見た目、薬が入ってるってわからないでしょ?医者に掛かった時の処方箋明細とか、薬なんかも、別の袋で保管しています。小さいうちは何かと医者にかかることが多いですものね。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-07-09 15:47 | Our Life | Trackback | Comments(0)
夏の声。
b0110935_15373412.jpg
昔、診療所の柱にかけられていたであろう、古い温度計。水銀柱の目盛が体温を超える日も近い、か。


7月ですね。蝉もなきはじめました。今年最初の夏の声です。初夏に聞けば風流な響きと思えますが、盛夏ともなると、この蝉の大合唱はいささか耳障りなノイズとなって、余計に暑苦しく感じるものです。とはいっても、この蝉という生き物は、こうやって鳴いていられるのはせいぜい一週間くらいで、地上に出てまもなく死んでしまうんですよね。地中で生きている期間のほうが、はるかに長い。これだけ聞くと、せっかく地上に出ても、7日の命なんて、可哀そうだなって思ってしまうのは人間的な発想で、蝉的には、地中のほうが快適で、生きるには都合のいい環境なのかなとも考えてみたり。確かに、地上は天敵も多いしね。成虫になる時も、他の昆虫に狙われてしまうので、日も暮れる夕方から夜に羽化するんですって。だから、蝶の羽化は目にすることはあっても、蝉の羽化はめったにお目にかかれないってわけです。一度だけ、蝉の羽化をみたことがあります。最初から最後までは見られませんでしたが、裂けた殻から出てきた蝉は、青白いような、緑がかった透けた体がなんともグロテスクで、蝉には程遠い姿をしていたのを覚えています。とても神秘的な現象でしたね。今思えば、滅多に見られないのだから、最後まで観察していればよかったなと。
蝉で思い出しましたが、最近になって「八日目の蝉」という映画を観ました。うまいことタイトルを付けたなって感心しながらも、見終わった頃には、号泣していました。ロケ地となった小豆島の風景がとても美しい映画です。
しかしながら。
昼寝している坊を起こしてしまいまして。寝ぼけながらなんで泣いてるのって顔で、見てました。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-07-09 15:37 | Our Life | Trackback | Comments(2)
leaves
b0110935_16453578.jpg
しばらくご無沙汰してしまいました。更新しようとするも、いつもタイミングが悪く、パソコンすら立ち上げることも出来ずにおりました。
梅雨真っ只中、今日も雨です。すごい豪雨ですし。
この雨のおかげで、木々草花も青々としています。放っておけば、雑草にまみれてしまう我が家の庭。これからの時期は、芝刈り、草刈が欠かせません。こちらは旦那さんに任せっきりですが。。いつもご苦労様です。


先日の梅雨の晴れ間、坊と庭の草木の葉っぱを集めて、並べてみました。大小さまざまな形の葉っぱがずらり。「いっぱい」 「いろんな形」 こうゆうのちっちゃい子って大好きですよねえ。こうやって並べるのも好きなようで、大喜びでした。とりわけ、ふきの葉が気に入って振り回して遊んでおりました。そん時の笑顔って言ったら。。家の中にいるよりも、外で遊んでいる顔は生き生きしています。

外で遊ぶって、想像力を掻き立てられます。わくわくします。自分の世界を造る事だって出来ちゃう。
大人になってからでは、出来ない経験を、坊にたくさんさせてあげたいなと、
思う母なのでありました。

おっと、ここで中断。
ではまた次回。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-06-19 16:45 | Our Life | Trackback | Comments(0)
ツイてるね。
b0110935_0123197.jpg


昼間、庭で坊と遊んでいたときのこと。どこからともなくたくさんの鳥が飛んできて、素早い動きでびゅんびゅん飛んでいるではないですか。よく見たらその鳥は、ツバメたちでした。10羽くらいいたかな。

おお、とうとううちにもツバメが巣作りにやってきたかー、ようこそ我が家へ!なんて思いながら、電線に止まっているツバメを微笑ましく眺めていました。坊にも教えてあげようと、

「ほらほら、ツバメさんがたくさんいるよ、おーい、おーい!!」

そう言ってツバメたちに手を振っていたその時、

「!!!」

何かが落ちてくるのを、そして、何かが手に降りかかるのを感じて
いやーな予感は的中。

「うんちかけられた!!」

びちって、ツバメに糞をお見舞いされてしまいました。
ツバメからの痛い仕打ち。これは威嚇なの?ほんのご挨拶かしら、っていいようにも考えたり。。
手を振り上げた動作が、攻撃的に見えたのかしら。
手を洗い終えた時には、既にツバメはいなくなっていました。
巣作りの場所を偵察にきたのかなあ。
このことを旦那に言ったら、鳥って排泄をコントロール出来ない生き物だから
故意にしたとは考えにくいって言ってました。へー、さすが我が家の雑学王。
感心している場合ではないのに~!!

ウンが付いてしまった、何かいいことあるかもって期待してた今日の一日は、
ごくごくフツーの一日でした。

余談ですが、昨日は、坊が公園でうんちを踏んで、くさくさでした。
やれやれな2日間、明日は旦那にウンが回ってくるかも。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-05-31 00:49 | Our Life | Trackback | Comments(0)
金環食の朝。
b0110935_012371.jpg
今朝の金環食を、皆さんご覧になりましたか?観察用のめがねがなかったので、ダイレクトに見ることは出来ませんでしたが、ピンホール現象っていうんでしたっけ、紙に開けた穴から漏れる太陽の光がきれいに輪になるのを見て、思わず

「おおーっ!」

っと歓声をあげてしまったsugarです。

太陽と月と地球が一直線上に並んだ瞬間の、この神秘的な現象に多くの方が感動したことでしょう。
私はそれよりもいつもの朝の景色が、フィルターをかけたように薄っすらと暗くなったのが、異様な感じがして変に緊張してしまいました。動物の奇妙な行動が見られるなんてテレビで言っていたのをおもいだして、うちの猫たちの様子を観察していましたが、いつもと変わらぬ様子。何でも鳥類が敏感に反応するんですって。
もう生きているうちには遭遇することは無いんだろうなと思うと、なんでもないこの日の朝が、特別なものに思えてきます。

またこの現象が起こるのはいつになるのかな。次の金環食が起こる頃の日本は、地球は、どうなっているのかなって、少し心配してしまいます。
いつまでも青い地球でいられるように、自分に厳しく、自然に優しくなければいかんなあとおもうのでした。

gold ring
[PR]
by sugardrop5 | 2012-05-21 23:58 | Our Life | Trackback | Comments(0)