モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Interia
Antique
junk
Travel
Garden
Our Life
Food
Handmade
flower
information
Links
カテゴリ:Antique( 28 )
UFO出現。
b0110935_23365437.jpg
                  未確認飛行物体ガ、森ヲ、襲撃スル。
冗談はさておき、こちらは、乳白ガラスのランプシェードでございます。以前何かの雑誌で、こんな形のランプシェードを見て、一目ぼれしてしまった。しかし、憧れの古いモノとのめぐり合いは、そうそうあるものではない。こちらが、欲しいと思って見つけても、なかなか見つからないものである。つよく願った甲斐あってか、乳白ガラスさんの方から、ついに遂にやって来た。ココへ。
大きさと、カタチがぴったり。しかも、古いソケットとコードも揃っての。。ギャラリー(留め具)の珍しいカタチに、二度目のひとめ惚れ。実は、全部セットであったものではなく、ソケットコード、シェード、ギャラリーは、別々になっていたもの。同時に見つけてしまったのでございます。
偶然というか、必然的とも思える物どうしのめぐりあわせ。

しかし、ヒトにも言えることだけど、モノとの縁も不思議なものだなァと、ココへ来た古いモノたちを見ていると感じずにはいられないのである。

ミエナイ、磁石ハ、キット、アル。

      ハズ。

あなたの、そばにも、きっと、磁石はあると思うよ。


オシラセ
10日より、都合で不在となりますので、コメントのお返事が15日以降となります。
それまでの更新もおあずけです。それでは、またの更新まで、ゴキゲンヨウ。
[PR]
by sugardrop5 | 2009-02-08 23:56 | Antique
scissors for letter
b0110935_0545833.jpg
                    made in France / scissors
古い鋏です。壊れそうですが、ちゃんと使えます。この鋏を見て、お手紙の封を開けるのにぴったりだと思って、連れて帰りました。手紙を開けるとき、ちょっとした緊張感が漂うものですが、差出人が思いを込めて封をしたのだと思うと、ていねいに封を切って、中身を取り出したいな。とおもったので。。これからお手紙をいただく度に、この鋏が活躍してくれることでしょう。


お知らせ

ガレージセールは、8日水曜日に延期になりました。今夜の雨が、明日にはやみますように。。。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-10-05 01:07 | Antique
貫禄ある、道具。
b0110935_0105375.jpg
工業用ミシン。足袋製造用の、特殊な機械。熟練工にしか触れることができないその機械は、職人と一体となって独特のリズムで動き続ける。黒びかりした金属の重厚感と、回転するモーターの軽快な動き。作業場にどっしりと構えたそのすがたは、貫禄ある職人達の姿と重なる。そこにある様々な道具たちはみな、そんな姿をしている。
昨日に続き、町工場の風景を少しばかりご紹介。

魅力ある道具
[PR]
by sugardrop5 | 2008-09-16 00:45 | Antique
芸術鑑賞会。
b0110935_23374276.jpg
空を仰ぐと、鳥達の群れが弧を描き、藁の香りとともにすこしだけ乾いた風が頬をかすめる。心地よいクウキのながれ。秋はもうそこまで遣って来ている。
秋という季節は、なーんとなく、なんとなーく、いろんなモノを、じっくりと観察してみたくなる、そんな季節。暑さで脳ミソがヒートアップしている夏は、感覚も鈍くなる。すこしクールダウンしてきたこの時期は、脳が冴えるような、気がする。そんな時に、芸術鑑賞をしてみるとよい。自室で。
「あれ、こんな顔してたんだ、キミは。。」
見えなかったものが、見えてくる。
そんな調子で、ゲイジュツの秋を楽しんでみるつもり。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-09-09 00:17 | Antique
銅製のおろし金。
b0110935_0215880.jpg
              銅製おろし金。おそらく明治後期から大正期。
あつらえものの、銅製のおろし金。銅なので、重量感があって、ずっしり、どっしりとしたつくり。目立てと呼ばれるギザギザのおろし面を見ると、機械的でなく、手作業で仕上げた感じの丁寧な作り。手作業で目立てしたものの方が、おろす時に無駄な力を加えることなくすることができるそうだ。手作りのおろし金に銅が用いられるのは、アルミニウムでは、柔らかすぎてシャープな目にならず、鉄では、逆に硬すぎて、手仕事に向かないから、だそうだ。
現在も職人によってその技術が受け継がれている。
柄の部分に、所有者の刻印が刻まれている。製作者の思いを感じる、年代を経た緑青の深い味わい。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-08-13 00:40 | Antique
Welcome to RoomNo.5
b0110935_0523885.jpg

                   "Burnt Frame" at "artique"
         焼け跡から、奇跡的に残された額縁。縁を感じるものがある。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-08-11 00:58 | Antique
No.5 plus "E"
b0110935_032358.jpg
         "Hamilton/printer tray" Made in U.S.A. at "artique"
                  今日の”5”のご縁にありがとう。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-08-11 00:35 | Antique
イヤシノ、クウカン。
b0110935_032349.jpg
自宅の一室に設けた、愛すべきjunk部屋。暗くて、ガラクタばかりの、普通なら、あまり足を踏み入れたいとは思わないであろう、そんな空間を、作りたかった。”好き”を集めた趣味の部屋と、言ってしまえばそうなのかもしれない。でも、私は、コレクターではない。年代がどうだとか、どこのものだとか、そんなことには興味はない。私が、かわいいと思って集めたモノたちだけが、ここにいる。縁あって、ここにやって来たものたち。今は、自分だけの、癒しの空間となっているけれども、同じように、ここを好きだと、心地いいと思ってくれる人がいてくれるなら、この場所を共有してもいいかなと、思ったりもする。
なぁんて、ね。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-08-06 00:35 | Antique
My gallery
b0110935_0583283.jpg
馴染みのantique shopにて、かわいい娘を見つけました。いつも愉快なSさんオススメの色白の美人さんです。笑顔がナイスなK氏にリペアをお願いしました。そして、つい先日我が家にお嫁入りしました。記念写真です。暗かった部屋が、心なしか華やかになった気がします。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-07-31 01:09 | Antique
骨董市にて。
b0110935_23485089.jpg
           陶器のフックと、金属製のフック。棚受け。骨董市にて。
さいたまスーパーアリーナで催された骨董市に出掛けてきた。舶来ものの小物や小道具やら、和骨董、古布、ガラクタやらで、埋め尽くされた各ブースごとを、どれどれと覗き見るように見て回ること数時間。実際に手に取り、いつものようにあれやこれやと想像を膨らましながら、こいつだけは、、と思った物を、持って帰ってきた。
家をいじくっているせいか、パーツ類に目がいってしまうもので、今回の戦利品も、そんなモノたちがほとんど。一部をご紹介。
b0110935_061680.jpg
大正~昭和初期の時計の文字盤あれこれ。円いものやスクエア型のものなど、文字盤の数字の文字も様々。

More
[PR]
by sugardrop5 | 2008-06-06 00:17 | Antique