モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Interia
Antique
junk
Travel
Garden
Our Life
Food
Handmade
flower
information
Links
カテゴリ:Interia( 46 )
ミエナイ、ジシャク。
b0110935_23373152.jpg
ご縁あって、オープンからのお付き合いの、oliveさんのお店へ、久しぶりにおじゃました日。変わらぬ笑顔と、ドアを開けると、ここちいい空間が、私を出迎えてくれた。飴色の天板のアンティークのテーブルと、椅子と、低くおとされたランプ。古いウッドボックスに、百合の花の白さがひときわ映えて美しい。こういう空気が好き。古いモノを、生活の中に取り入れるという感覚、「うん、うん、わかるなあ。」
店主のoliveさんは、とてもナチュラルなひとだなあ、と思う。だから、この空間も、ここちよいのだなあ。ご縁て、見えない磁石みたい。
これからも、どうぞよろしくです。。。
[PR]
by sugardrop5 | 2007-09-03 00:38 | Interia | Trackback | Comments(2)
ひと刷け、ひとハケ。
b0110935_0443589.jpg
お部屋作り、床張りの次は、壁の塗装。基本は白。でも、白にもいろいろな「シロ」がある。黄色味がかった白や、青みの強い白。好みは、ちょっと温かみのある、黄いろみがかった白。
石膏の白もいい。この部屋にあう白は、どんな白かしら。。

色見本を参考にして、塗料を買ってみた。で、塗ってみた。
雰囲気を見るのには、広範囲で塗ってみないと分からないから、一面だけ、ばばーっと。
やっぱり、ちいさな色見本では、実際のイメージと違う。

色を混ぜ合わせて、自分だけの「白」をつくっちゃおうかな、、。
[PR]
by sugardrop5 | 2007-08-29 01:02 | Interia | Trackback | Comments(0)
ヒミツノ隠れ家。
b0110935_0594028.jpg
未だ未完成のままの、ワタシの隠れ家的スペース。イゴコチよい空間にしたくて、床を剥がし、そこに少し反り返った板を張った。さて、壁をどうするか。。。気まぐれな、シロウト職人は、今日ものんびりスローペースで作業に取り組むのでありました。

b0110935_151953.jpg
ペイントの剥げたうす水色のグラスホルダーと、油さし。グラスホルダーは、壁にでも掛けて、ラックにでもしようかしら。

b0110935_18245.jpg
ガラクタ、オイルランプ。元はランタンの中に入っていたものなんだけどね。これに合うガラスのホヤ、見つかるといいな。
[PR]
by sugardrop5 | 2007-08-20 01:12 | Interia | Trackback | Comments(3)
くらしの愉しみ。
b0110935_11354166.jpg
イギリスで買ったソケットで、ペンダントライトを。ぺなぺなのアルミシェードをつけて。明かりというよりか、これはもはやインテリアのオブジェにちかい。だって、電気を通すと、かすかな、それはそれは、線香花火のような明るさにしかならないのだもの、、。でも、その実用的そうで、そうでない、オブジェにしては、ちょっぴりアソビゴコロに欠ける、こんなものたちが、日々のささやかな愉しみのひとつになっている。

b0110935_1153561.jpg
                   シェードをはずした、はだか電球。
[PR]
by sugardrop5 | 2007-08-11 11:57 | Interia | Trackback | Comments(0)
器の魅力。
b0110935_128428.jpg
古いものが好きという以外に、焼き物にもとても惹かれるものがある。それぞれの地方によって、テイストは違うものの、共通して自然の土から作られているというところに、どれも温かみを感じるのであります。
時には、繊細に、時には力強く、素朴で、上品にも。私が好きな器は、素朴で、不揃いなもの。
これは、山田聡さんという、陶芸家の器。とても個性的。使いづらそう、と思いきや、結構使いやすく、何よりお料理がふしぎと、おいしく見えてしまう、うれしい器なのです。
飾って眺めるのもいいけど、使うことで器としての本当の良さが、実感できるというものですね。
[PR]
by sugardrop5 | 2007-07-16 12:35 | Interia | Trackback | Comments(0)
Light and darkness。
b0110935_22394936.jpg
部屋は、あまり明るすぎない方が好き。リビングの部屋のあかりをおとしたら、白壁に映ったとびらの格子の影がうつくしくて。光と影はつねに一対となって、その美しさをあらわにする。
[PR]
by sugardrop5 | 2007-07-05 22:49 | Interia | Trackback | Comments(0)