モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Interia
Antique
junk
Travel
Garden
Our Life
Food
Handmade
flower
information
Links


無相創

1988 CAFE SHOZO

What's HAMU?(sister's blog)

cafe mofgmona

arts&science

THE GROBE

アンティーク&雑貨屋マップ

DEMODE MIX

Boiserie

project ARTS AND CRAFTS

歩粉 hoco

Pola:ra(ぽらら)

HAIRSALON olive

caci-su handmade-OYATSU

sova sova no sova

sova sova

nuimonoya

choko's handmade studio

ゆずりは

レンズ
以前の記事
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
フォロー中のブログ
What's HAMU?
Hand of ar...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:Interia( 46 )
まとりょーしか。
b0110935_15165313.jpg
               Матрёшкаマトリョーシカさんが、やってきた。

だるまさんのようなコロンとしたカタチが愛嬌がある、ロシア生まれのマトリョーシカ人形。思いがけないプレゼントに、友人からいただいたものだ。マトリョーシカは1900年に開かれたパリ万国博覧会で銅メダルを取ったのを機に、ロシアで広く親しまれるようになったとか。しかし、よく出来ている。木をくりぬいてあるようで、大小さまざまな大きさのまとりょーしかさんがひとつに収まるようになっている。どれもいい顔しているが、4番目のマトリョーシカさんが、好みである。
追加:1番おおきなマトさんが、なんだか凛々しいジャイアンに見えてきた。
追加:1番ちいさなマトさんは、どうやら鳥らしい。
[PR]
by sugardrop5 | 2009-03-21 00:15 | Interia | Trackback | Comments(8)
ko-yo-ri。
b0110935_23172825.jpg
                   久方ぶりです。お元気ですか。

手漉き和紙のこより。こんなふうに、飾ってみた。とても素敵なオブジェになるね。和の物を、インテリアに活かすこと。いいなあ、と感じること。日本人だなと、思う瞬間。
[PR]
by sugardrop5 | 2009-03-20 23:24 | Interia | Trackback | Comments(0)
Roll paper tower
b0110935_15432429.jpg
          room7の中の、巻紙タワー。Eが横になって、山の字に。

昨日のニュースで、もしも首都圏で震災などの被害がでたら、被災難民が使用できるトイレと、そしてトイレットペーパーが圧倒的に足りなくなるという。山に登ったり、よほどの辺鄙なところに出掛けない限り、(あ、渋滞にはまってしまった時もですな)日常的にトイレに困るということは、滅多にないことだ。コンビニやスーパー、行く先々に用を足すところはある。もし、非常事態に見舞われたとして、さあ、用をたそうといったところで、トイレがない。かなり深刻な問題。男子諸君はまだしも、我々女子はそうはいかない。キビシイ。
貴重な巻紙タワー。このうず高く積み上げられたpaper towerを見ながら、どうか平穏無事な毎日が続いてくれるようにと願うばかりである。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-10-29 16:11 | Interia | Trackback | Comments(8)
shiro-mono。
b0110935_0544842.jpg
白いモノは、飽きない。布モノは白がいいですね。たとえば、白いクロス。テーブルにふわりと白いクロスを掛けるだけで、気持ちもパリッとします。お台所のフキン。よごれが目立つので、まめに交換できます。洗面所のタオル。清潔になったお肌がよりしゃきっとする感じ。
そして、キモチもまっさらに。イロんなものを吸収できるように、ね。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-10-19 01:05 | Interia | Trackback | Comments(0)
男前。
b0110935_1451170.jpg
                  スツール。Made in U.S.A. 
キャスター付です。ちょっと大きめです。男っぽさがイイです。前出の社長椅子と同テイストのスツール。これに、スチールの天板のテーブルorデスクが欲しいところ。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-07-17 01:52 | Interia | Trackback | Comments(3)
暗いけど。。
b0110935_335073.jpg
この部屋は、北東に面していて、わずかな時間しか日が差さない。とても暗い部屋なのだ。いっそ、床も白くしちゃえば明るくなるかしらなんて思ってみたりもしたが、逆に暗い方が、モノたちがそれぞれ主張しすぎないでいいんじゃないか、と床を白くする案は、却下されてしまった。
暗いの、すきなんです。照明も、色のトーンも。好きな絵画も。夜も。夜行性なんでしょうね(笑)
[PR]
by sugardrop5 | 2008-07-16 02:27 | Interia | Trackback | Comments(0)
Red or White?
b0110935_2425352.jpg
ラワン材で作ったドア。表側は赤色で、裏側は白色のペイント。真鍮のノブを付けて、シンプルなドアの完成です。

More
[PR]
by sugardrop5 | 2008-07-12 02:19 | Interia | Trackback | Comments(0)
イロをつくる。
b0110935_0495788.jpg
ペンキの色を調合する時にできる、マーブル模様がうつくしい。異なる2色の色が混ざり合うと、まったく違った新しい色ができるからおもしろい。色の足し算で、無限の色の組み合わせが出来るというのは、色の持つ魅力でもある。ひとも、異なる考えを持つ者同士がくっつくと、また違った考え方が生まれるということも、よくあることだ。だから、いろんなひとと接することで、新たな自分を発見できるのかもしれないな。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-06-28 01:07 | Interia | Trackback | Comments(2)
Room #7
b0110935_23301520.jpg
リフォームその後。1Fに、Room7という「部屋」を改装した。既存の茶色のドアと枠を、塗り替える。ドア枠は、ミルキーホワイトで、ドアは、ややピンクがかったティントベージュで。ナンバーを取り付けて、改装終了。この「部屋」は、一畳ほどの、狭小スペースではあるけれど、とても落ち着ける、癒しのスペースなのであります。おわかりでしょうか??あえて部屋と呼ぶのも、いいんじゃないかなぁ。
b0110935_2337853.jpg
真鍮のスイッチ。ずっと、どこかに使いたくて、飾ってあったもの。スイッチをいれるたびにカチンカチンという金属音が響き渡ります。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-06-17 23:43 | Interia | Trackback | Comments(3)
天井のあかりたち。
b0110935_028875.jpg
6月に入り、衣替えの季節とともに、塗り替えられた壁と天井も明るくリニューアル。玄関に下がった照明は、乳白色のガラスシェードに白熱電球のやや暗めのあかり。暗めのほうが、塗り壁の陰影がきれいなんですものね。
b0110935_0353162.jpg
漏斗のあかりも、これまた暗め。スポット的に照らすので、雰囲気が出てよいものです。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-06-04 00:44 | Interia | Trackback | Comments(2)