モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Interia
Antique
junk
Travel
Garden
Our Life
Food
Handmade
flower
information
Links


無相創

1988 CAFE SHOZO

What's HAMU?(sister's blog)

cafe mofgmona

arts&science

THE GROBE

アンティーク&雑貨屋マップ

DEMODE MIX

Boiserie

project ARTS AND CRAFTS

歩粉 hoco

Pola:ra(ぽらら)

HAIRSALON olive

caci-su handmade-OYATSU

sova sova no sova

sova sova

nuimonoya

choko's handmade studio

ゆずりは

レンズ
以前の記事
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
フォロー中のブログ
What's HAMU?
Hand of ar...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
貫禄ある、道具。
b0110935_0105375.jpg
工業用ミシン。足袋製造用の、特殊な機械。熟練工にしか触れることができないその機械は、職人と一体となって独特のリズムで動き続ける。黒びかりした金属の重厚感と、回転するモーターの軽快な動き。作業場にどっしりと構えたそのすがたは、貫禄ある職人達の姿と重なる。そこにある様々な道具たちはみな、そんな姿をしている。
昨日に続き、町工場の風景を少しばかりご紹介。



b0110935_027562.jpg
                 真鍮の油さしと、まるい缶に入ったこはぜ
b0110935_0284993.jpg
       ぎこちなさは微塵も感じられないほどスムースな歯車のうごき。
b0110935_0291889.jpg
              ミシン台の天板。擦り減って、角がまあるく。
b0110935_0301086.jpg
足袋の木型。たくさんの工程の中で、様々な道具が使われて、そして、一足の足袋が作られる。

    以上、工場の風景は、許可を得た上で撮影させていただいたものです。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-09-16 00:45 | Antique | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sugardrop5.exblog.jp/tb/9505878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2008-09-16 22:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-09-17 18:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< Hanging - Water... 消えてほしくないもの。 >>