モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
365-nichi。
b0110935_11432840.jpg
昨日は、父方の祖父の一周忌の法要がありました。
一年前、まだまだ暑さも続く残暑の厳しい折、入院中の祖父の見舞いに何度か病院を訪れるたびに、細く小さくなっていく祖父の姿を見るのは、本当に辛いものでした。家族と離れ、病院での入院生活は、家族団欒で食事をするのが好きだった祖父にとっても、寂しかったのだろうなと思うと余計につらくなったものでした。「家に帰りたい。」過去の記憶が薄れてゆく中での、唯一の祖父の望みは叶えられぬまま、静かに息をひきとりました。
その日から1年。昨日も、暑さがぶり返したような残暑厳しい一日でした。
親戚どうしが顔を合わせ、汗を拭いながら交わす言葉に耳を傾ける。

「まったく、一年は早いものですね。」

一年はあっという間に過ぎる。本当にあっという間に流れてしまう。そうこうしているうちに、また一年経っていたりするから、時の流れは恐ろしくも早い。振り返って、なんの足跡も残していない事に気付いちゃったりすると、心臓の鼓動が、若干早くなる感じ。
一日一分一秒、過ぎたらもうその時は戻ってこないんだよな。

「時間は、大事にしなきゃ、いかんぞ。」

祖父の遺影を前に、手を合わせると、そんな声が聞こえたような気がした。
しっかり、時を刻んでゆこうと思う、そんな一日でした。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-09-07 09:22 | Our Life
<< 芸術鑑賞会。 glass cup >>