モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Interia
Antique
junk
Travel
Garden
Our Life
Food
Handmade
flower
information
Links


無相創

1988 CAFE SHOZO

What's HAMU?(sister's blog)

cafe mofgmona

arts&science

THE GROBE

アンティーク&雑貨屋マップ

DEMODE MIX

Boiserie

project ARTS AND CRAFTS

歩粉 hoco

Pola:ra(ぽらら)

HAIRSALON olive

caci-su handmade-OYATSU

sova sova no sova

sova sova

nuimonoya

choko's handmade studio

ゆずりは

レンズ
以前の記事
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
フォロー中のブログ
What's HAMU?
Hand of ar...
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
オモイノ、カタチ。
b0110935_9214674.jpg

             「お元気ですか。すてきなお花をありがとう。」
        「こちらは、肌寒くて、晴れ間のない雨ばかりのお天気つづきです。」

昨年のイギリス旅行から丸一年。月日の流れは、はやいもの。ああ、もう一年経ってしまうんだな。そんな時に届いた、イギリスからの一通の手紙。今月はマダムの誕生日。相棒君は、昔ホームステイ先でお世話になって以来、誕生日には毎年お花を贈り続けている。今年も届いたらしい。そして、届いたお礼の手紙。やはり、手紙はもらって嬉しいものだ。こうして、手紙を通じてココロが繋がっている。

手紙で思い出したことがもうひとつ。母は、筆まめな人で、祖父譲りの達筆な字で、さらさらと手紙を書く姿を見て、幼いながらにかっこいいなと思っていた。真似して書いても、いまいちきれいじゃない。バランスの崩れた自分の字を見ながら、いつか母のように格好いい字を書いてみたいと思ったものだった。
格好いいのは、字だけではない。もう何十年と続く、手紙だけのやりとり。一度も会った事も無く、手紙だけで、繋がった絆。途切れることなく続く「言葉」のキャッチボール。

手紙には書いた人の温度が感じられる。

                                   lots of love to you.×××
[PR]
by sugardrop5 | 2008-07-20 08:53 | Our Life | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sugardrop5.exblog.jp/tb/9100911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< My junk style 刻む。 >>