モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ECO Night
b0110935_23515354.jpg
今夜は、電気を消して、蝋燭を灯しましょう。電気のある暮らしに慣れてしまうと、明るいのがあたりまえ。チカチカしてなんだか落ち着かない感じ。蝋燭の灯りを見ているとなぜか、心落ち着くのですね。と同時に、じっくりと何か考えてみたくなるからまた不思議です。今日一日のこと、今日もしっかり食事ができたなぁ、ああ、あの人は元気かしら、姪っ子は大きくなったかな、、等々。蝋燭の炎以外の余計なものが視界から消えてしまうと、その分脳みそが違う引き出しを、カタンと開けてくれるのかもしれない。昔の人は、こんなふうに、蝋燭に火を灯しながら、その日の出来事を思い返し、その日の失敗を反省し、明日の希望を胸に抱きつつ、日々、自分と向き合いながら丁寧に生きていたのだろう。サミットの議題にもあるように、環境問題について考えるということは、もっと自分の行いを見直すということ、だとおもう。自分ひとりくらい、という考えから、自分ひとりでも、という考えへ。一時的なイベントごとで終わらぬよう、自分ひとりでも何かできることをしてゆきたいな、と思うそんな夜でした。これからも、こうして蝋燭で夜を過ごす日を、つくってみるのもいいですね。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-07-08 00:51 | Our Life
<< 縁と宴。 社長椅子。 >>