モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
晦日のぱん。
b0110935_23232100.jpg
月の最終日、皐月、晦日のこの日、パンを買いにゆきました。勝手に「みそかぱん」と、今日だけは特別にそう呼ばせていただきましょう。月が変わり、明日からは、六月。水無月とも呼ばれ、大地に恵の雨を降らせる梅雨入りの時期にもあたります。雨が多く降るのに、水が無い月とは、おかしな話。
水無月という呼び名は、もともと「水之月」と言われ、田に水を入れることに由来しているそうですが、一方では、六月は旧暦の七月にあたる月ということから、梅雨があけ、夏の暑さで雨量も少ない月、つまりは水の無い月、というわけで、こう呼ばれるようになったとも。
時期ごとに行う行事や、農事など、深い係わり合いを持つ「暦」。季節を節で区切り、それぞれに情緒ある呼び名をつけて表した「暦」とは、日本人の持つ繊細かつ豊かな感性の表れなのかも知れませんね。
季節に暦があるように、各人にも人生の節目というものが在って、その節目ごとに、行動を起こしてみたり、立ち止まって考えてみたり、と、そんなことを繰り返しながら、人それぞれの暦を歩んでゆくのだろうな、と、ふと思うのでした。
今日で一区切り。ヤツさん、おつかれさまでした!そして、ごちそうさまです。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-06-01 00:16 | Food | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sugardrop5.exblog.jp/tb/8693399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< いとしのローズマリー。 アイデアの宝庫。 >>