モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ココロの栄養。
b0110935_0574365.jpg
     古い切手と、カーテンクリップと。小鳥の柄がかわいらしくて。old friendにて。


今日は、相棒をお供に、おいしいを求めて、とあるカフェへ出掛けてきました。おやつ時の時間に「ヤツドキヤ」でごはんです。いつもどおりの、心地よい空気と、いつもどおりのほっこりごはん。素材を生かしたやさしい味におなかも、こころも満たされます。
「飽きない味」、というのはどんなお料理のことだろう。ふと、考えてみた。

     素材の持ち味を生かして、ごまかさないこと。
     シンプルなお料理であること。
     愛情ォ込めて作られた料理であること。
     そして、この目の前に、運ばれてきたお料理のこと。

いつ食べても飽きない味が、ここにはあります。
しばらくの間は、お休みしてしまうという、このごはん屋さんの、この飽きない味は、
しばらくの間、わたしのココロの栄養源となってくれるだろう。
再開したら、栄養不足になったわたしのおなかとココロを満たしてくれるに違いない。

               ありがとう。ごちそうさま。
b0110935_1254570.jpg

[PR]
by sugardrop5 | 2008-05-22 00:45 | junk
<< 銅版画の中の鳥人。 ソラマメのポタージュ。 >>