モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Interia
Antique
junk
Travel
Garden
Our Life
Food
Handmade
flower
information
Links


無相創

1988 CAFE SHOZO

What's HAMU?(sister's blog)

cafe mofgmona

arts&science

THE GROBE

アンティーク&雑貨屋マップ

DEMODE MIX

Boiserie

project ARTS AND CRAFTS

歩粉 hoco

Pola:ra(ぽらら)

HAIRSALON olive

caci-su handmade-OYATSU

sova sova no sova

sova sova

nuimonoya

choko's handmade studio

ゆずりは

レンズ
以前の記事
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
フォロー中のブログ
What's HAMU?
Hand of ar...
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
子供の目。
b0110935_15191984.jpg
              母の日に贈った4歳の画伯が描いた似顔絵。

     子供の目には、素直で純粋な心の目というものがあるように思う。
今日は、Mother’s Day。母親に感謝の気持ちを贈る日です。「母の日」には、いくつかの由来があるそうです。

20世紀初頭のアメリカで、母親を亡くしたアンナ・ジャービスという人が、「亡き母を追悼したい」という想いから、1908年5月10日、フィラデルフィアの教会で白いカーネーションを配りました。これがアメリカで初めて行われた母の日だそうです。後の大統領が五月の第二日曜を「母の日」としたそうです。この一般的に広く伝えられているお話のほかに、イギリスでもこんな母の日にちなんだお話が。。
17世紀、復活祭(イースター)40日前の日曜日を「Mothering Sunday」と決め、家から離れて仕事をしている人が家に帰って母親と過ごすことが許されていました。このとき贈り物として、「Mothering cake」というお菓子を用意したそうです。

母親への、感謝の言葉は、子供の描く絵のように、素直に純粋な気持ちで、「ありがとう」と。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-05-11 16:23 | Our Life | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sugardrop5.exblog.jp/tb/8573079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 温故知新。 愛すべき花。 >>