モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
単純に、うつくしいもの。
b0110935_2232259.jpg
花の一生で、もっとも美しいとき。捉え方は文化や考え方で異なるようだ。日本人は、満開に咲いている花よりも、蕾の頃の花を好むと言われている。いっぱいに花開いている状態を好む西洋人とは、捉え方の違いが、花の好みにも表れる。つぼみから、花開き、散るまでの過程を愉しむ日本人の感性は、儚いものを愛でるという、とても繊細なもの。四季を愉しむのと、似ている。
風土や、気候が違うと、感性も違ってくるのですね。温暖化の影響なのか、年々季節感が感じられなくなってきている、と同時に繊細な感性が失われていくのかと思うと、悲しくなります。
b0110935_23113921.jpg
                     花を見て、感じるということ。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-04-28 23:14 | flower
<< お+疲れ+さま。 旬のおいしいもの。 >>