モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ずっと忘れないということ。
b0110935_061031.jpg
彼女は、いつも元気で、明るくて、周りにいる人たちを笑顔にしてしまうパワーがあった。人を引き付ける魅力で溢れていた。自分のやりたいことを形にすることに貪欲なまでに、夢に向かって真直ぐな人だった。
彼女は、三年前の今日、突然の事故で、この世を去ってしまった。
そして私は命日のこの日、彼女のお墓の前で、静かに手を合わせた。悲しくて、信じられなくて、最初はうまく受け入れられなかった彼女の死というものを、今はようやく受け入れられることが出来る。彼女の笑顔は消えることなく、みんなの心の中にいつまでも生きているから。
だから、思った。彼女のように、いつも笑顔でいようと。忘れないでいようと。
[PR]
by sugardrop5 | 2008-04-16 23:58 | Our Life | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://sugardrop5.exblog.jp/tb/8409159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みごりん at 2008-04-17 17:51 x
いまだに洋服、靴、化粧品、いろんな彼女の物が
おいらの回りのはあるよ
なんだか借りたまま返してないみたいな状態だけど
普通に使っているし、そのほうが毎日思い出せるし
こうやって会話にすることが亡くなっても
生きていたしるしなんじゃないかな
きっと喜んでるよ。
Commented by みな at 2008-04-17 23:12 x
本当だね。私は同じ日におじも亡くなったのでなんとなく思い出すのが
辛い日だけれど、忘れないでいるっていうことが残された人が故人にできる唯一の恩返しなのかもね。  
Commented by かきこ at 2008-04-17 23:37 x
みごりん&みな

忘れないことが、彼女とずっとつながっていられる
ことだと思うし、「思い出」っていう言葉で過去形にしたくないものね。
また、みんなで集まった時にでも、いろいろ話しようね!
みな、ブログみてくれてありがとね~っッ(^‐^)!
<< 手づくりの家、その後。 ギヤマン、びいどろ。 >>