モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Interia
Antique
junk
Travel
Garden
Our Life
Food
Handmade
flower
information
Links
猫もよろこぶ?銀のすぷーん。
b0110935_2351599.jpg
日曜のせいか、閉まっているお店もちらほら、ガラス越しに店内を覗くと、所狭しとjunkたちが。何軒か、開いているお店をのぞいてみた。
b0110935_0152420.jpg

カトラリーをメインにいろいろな種類のスプーンやフォークなど、大小様々な大きさのカトラリーがずらり。銀食器もたくさん。またまた、ためにならない、雑学話を。

銀が食器用として使われるようになった理由。昔、ヒ素という劇薬をもちいて、毒殺する方法が主流だった頃、食べ物にヒ素を混ぜて暗殺を謀ったりということが、行われていたという。食べ物を口にする際、スプーンやフォークなどを使うのでありますが、なんと、この銀というものは、ヒ素に対して、化学的に反応する性質を持っているのであります。ヒ素が混入されていれば、銀と化学反応するため、口に運ぶ前に、バレてしまう。よく考えたものだなぁと、酸化して黒ずんだアンティークの銀食器を見るたびに、いい仕事してるじゃない(?)と思ってしまうのであります。

うんちくは、このくらいにして、さらに歩いていくと、古本を並べたお店を発見。

b0110935_0105712.jpgb0110935_0124261.jpg
[PR]
by sugardrop5 | 2007-08-05 00:17 | Travel | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sugardrop5.exblog.jp/tb/7243959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ひっそりと、健気に。 再び、ロンドンへ、、。 >>