モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Interia
Antique
junk
Travel
Garden
Our Life
Food
Handmade
flower
information
Links


無相創

1988 CAFE SHOZO

What's HAMU?(sister's blog)

cafe mofgmona

arts&science

THE GROBE

アンティーク&雑貨屋マップ

DEMODE MIX

Boiserie

project ARTS AND CRAFTS

歩粉 hoco

Pola:ra(ぽらら)

HAIRSALON olive

caci-su handmade-OYATSU

sova sova no sova

sova sova

nuimonoya

choko's handmade studio

ゆずりは

レンズ
以前の記事
2016年 10月
2016年 09月
2016年 05月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
フォロー中のブログ
What's HAMU?
Hand of ar...
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
パンのおとも。
b0110935_23211790.jpg

パンを焼いたら、コーヒーを淹れよう。息子には、ホットミルクを。

本日のコーヒー「35 coffee」

沖縄でしか作ることが出来ない、訳ありコーヒーです。
35は「珊瑚」。豆の焙煎に「風化サンゴ」が使われています。
サンゴは、県外への持ち出しが禁止されているので、沖縄でのみ作ることが出来る
レアなコーヒーなわけです。なぜ、サンゴで焙煎なのか?

環境破壊により、世界の海のサンゴが失われつつあります。
沖縄のあの綺麗なサンゴ礁も、10年前の1/10にまで激減しているとか。
自然を保護する為、サンゴを守るため、果ては、未来の子供たちの為に
動き出した「サンゴ再生プロジェクト」。
コーヒーの売り上げの3.5%が、サンゴ移植の為に使われているとのこと。
この1杯のコーヒーで、うつくしいサンゴを救うことができるのなら。

10年後も、青い海が見たいと、私は思ったから。
このプロジェクトに賛同したいと思います。

ちなみに、こちらの35コーヒーは、ネットでもオーダー可能です。
[PR]
by sugardrop5 | 2016-09-23 23:21 | Food | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sugardrop5.exblog.jp/tb/26219239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 肌あれた。 雨の日も、悪くない。 >>