モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
料理男子。
b0110935_16445464.jpg
この春で息子は2歳になります。2歳というと、自我が目覚めて、何でもひとりでやりたがりーな時期、いわゆる魔の2歳なんて言われますが、わが息子はというと、今のところは、ささやかな反抗はするものの、至って穏やかなご様子。でも2歳にもなると、いろんなものに興味を持ち始めて、うちのはとりわけままごとが好きみたい。おもちゃの野菜や果物をおもちゃの包丁でトントン、フライパンでジュージューが大好き。でもって、食事の支度時には、椅子をよいこらせと台所に持ってきては、その上に爪先立ちで乗っかって、炊事仕事を眺めているのが楽しいらしい。
おいおい、ずっと爪先立ちでふくらはぎ筋肉痛にならないのかしら、なんていらん心配をよそに、
「はちょ、はちょ!」
「はっく、はっく!」
訳せば、「包丁くれ!」「フォーク取れ!」
と言って、料理の手を止められることしばしば。
おもちゃのものよりも、本物のほうが、ピカピカして坊的にゴージャスなのかもしれない。
「本物のほうがいいんだねー。」
って言うと、
「はんも、はんも(本物、本物!)!」
って、だいぶ言葉もわかるようになって、頼もしいやら。やれやれ。

将来は、ヒラメ筋の美しい、料理好き男子になるのかなー。
ままごともいいけど、せっかく買った恐竜でも遊んでおくれって、
洗面所にさりげなく置いてみた母。
[PR]
by sugardrop5 | 2012-03-20 17:09 | Our Life | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sugardrop5.exblog.jp/tb/17999284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 春分。 食。 >>