モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
小枝と葉っぱと、ガラスと紙切れと。
b0110935_22553217.jpg
お天気続きで、お部屋の掃除も、洗濯も気持ちよくって。おひさまを浴びると心も晴れやかになる。でも。
正直不安なのは、
目に見えないコワイもの。少なからず、ここにも降ってきたのだろうなあって思ったりもする。樹や草や土や葉っぱにだって。小さなからだにどんだけのいたずらをするのか。誰もわからない。わからないって、こわい。
でも、あまり神経質になってしまうのも、からだにいいものじゃない。
こころにも。
最近の調査で、小さな子供を持つおかあさんたちの7割が、子供を煩わしいと感じているという。子供を守るのが親のつとめだけど、守りきれるだろうかっていう不安がストレスになっちゃうんだろうな。
それじゃ、いかんよね。

だから、天気のいいこんな日は、小枝を拾って、葉っぱを突き刺して、幼き我が子に差し出して。
こんな棒っきれでも、大喜びなんだよね。見るもの聞くもの触れるもの全てが新鮮で。
きらきらした瞳を曇らせてしまっては
いかんよね。

これからなんだから。




b0110935_013234.jpg
歪んだガラス越しに葉っぱを覗いてみる。こんな曇ったフィルターを掛けては、ものを感じるちからは育たないだろうなって。
[PR]
by sugardrop5 | 2011-09-13 00:06 | Our Life | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sugardrop5.exblog.jp/tb/16274732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-09-13 14:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sugardrop5 at 2011-10-02 13:52
カギコメさま
こんにちは、お返事が遅くなってしまってごめんなさい。
本当に、震災を境に大きく変わってしまいましたね。
ことに小さな子供を持つ親御さんの多くが
不安を抱えながら、この境遇をどう乗り切ろうかと、
日々悩みながら暮らしていることだと思います。
自分が神経質すぎるのかなーって、時折ばかばかしく
なることも、諦めちゃえって投げやりになりそうなときも
あるけど、守るものがここにいる以上
出来る限りのことはしてあげたいですよね。
ぎゅーっと、そう。ぎゅーっと抱きしめることは
いくらでも出来ますものね。

同じ思いでコメントをお寄せくださって
ありがとう。
<< 家族の記録。 図書館にて。 >>