モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ありがたき、友よ。
b0110935_0522715.jpg
麻の割ぽう着。しゃりっとした麻の素材感がたまらなくきもちいい、シンプルな割ぽう着。なんて、なんて、タイミング。割ぽう着について記録したあとの、友人からの偶然の贈り物。以心伝心とは、こういうことを言うのだろう。水通しをしてから、日常着として、愛用している一着である。
b0110935_0515677.jpg
ゼルコバのぱん。遠くて、なかなか買いにいけないぱんを、買ってきてくれた友。そのキモチ、うれしいね。
b0110935_0524864.jpg
のらぼう菜という、野菜。東京のあきる野市で採れたもの。アブラナ科の植物で、菜花ほどの苦味がなく、くせがないので食べやすい。江戸時代、天明・天保の飢饉のとき、こののらぼう菜のおかげで多くの住民の命が救われたと言われている。
いただきものののらぼう菜を、ひじきとおあげでマリネしてみた。少し山葵をきかせたさっぱりお惣菜。ごちそうさまです。

たくさん、たくさんありがとうね。
[PR]
by sugardrop5 | 2009-05-01 01:09 | Our Life
<< 出会う。 古屋にやってきた、古道具。 >>