モノをツクルコト、junkなモノたち、naturalなイキカタをこよなく愛し、ローカルな土地で森の住人となり、日々こつこつとモノづくりにはげむ
by sugardrop5
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Interia
Antique
junk
Travel
Garden
Our Life
Food
Handmade
flower
information
Links
生活骨董のある暮らし。
b0110935_12494.jpg
楽山焼の小鉢。ニュウが美しい。飾り物でなく、生活道具としての骨董を愉しむこと。
b0110935_121958.jpg
               目で愉しむ。料理を盛って、舌が悦ぶ。



b0110935_12347.jpg
ある晩の飯。気負わず、普段使いの器と骨董と。和洋折衷、いろいろな器で愉しむ日々の食卓。

定番おかず:塩豚ずぼらレシピ 
豚のロースブロック肉(バラブロックでもいいけど、脂身がしつこいからロースがおいしい♪)をローリエとローズマリーを添えて塩漬けすること2日間。沸騰したお湯に香味野菜(葱、生姜の皮など:基本は葱と生姜で十分。他には、セロリの固いところとか、にんじんの皮、パセリの茎、ホールペッパーなどなど)を入れて、塩漬け肉を茹でます。弱火でコトコト、放って置くとスープが透き通って脂が浮いてきます。(かき混ぜない方が澄んだスープが取れます。)竹串でさして、脂が出てきたら火を止め、冷めるまでそのまま放置。冷めたら肉を取り出して、スライス。葱と生姜、ニンニクをみじん切りにし、ごま油、お酢、醤油、七味、のタレに絡めて出来上がり!
また、スライスしたものに、粒マスタードやマッシュポテトを付けていただいても美味です。こんがり炒めてチャーハンの具に、またサラダに添えてもおいしくいただけます。茹で汁は捨てずに、濾して(濁らないようにゆっくり濾すと、澄んだスープになります)スープストックとしていろいろなスープに活用できます。
[PR]
by sugardrop5 | 2009-04-17 01:09 | Antique
<< 白いモノ。 マルコとワタシの6日間。 >>